水濡れにより電源入らず!iPhone水没修理

水濡れにより電源入らず!iPhone水没修理

18052401-customer-iPhone-repair-ilive-hakata

トイレに落下してしまったiPhone。電源が入らないため、データのバックアップが取れない状態でした。iPhone分解クリーニングによる復旧修理です。

トイレにホールインワンしたiPhone

iPhoneが水没してしまい、なんとか修理で復旧できないかとご相談に来られました。

はじめはメーカーへ相談もされたそうですが、修理は厳しく、本体交換になると言われてしまったとのこと。

iPhone内部の、電話帳や写真、アプリなどのデータを残したいため、どうしても修理で直したいとのことでした。

トイレに落ちてしまい起動できない状態

お客様ご来店後、水没時の詳しい状況をお聞きすると、トイレにiPhoneが落ちてしまったそうです。

しばらくは、電源も点いていて、普通に使用できていたそうですが、数時間経つと、画面が真っ暗になり、電源も入らなくなってしまったそうです。

お客様受付後、iPhoneを分解することになりました。

水没から数日経っていたため、基板と呼ばれる、データが入っている部品にサビが発生していました。

このサビをクリーニングにより取り除き、電源が入る状態にします。

1時間ほどの内部クリーニングと乾燥処置により、無事iPhoneの電源が入るようになりました。

復旧率を上げるために

水没したiPhoneの復旧率は、水没後の処置により決まります。

電源を点けたまま使用したり、充電してしまったりすると、水没後のiPhoneの症状は、どんどん悪化してしまいます。

水没したiPhoneにやってはダメなことを我慢して、できるだけ早めにiPhone修理店へお持ちすることで、iPhoneの復旧率は高まります。

 

iPhone水没修理カテゴリの最新記事