休業のお知らせ

梅雨の時期は要注意!iPhone水濡れ修理

梅雨の時期は要注意!iPhone水濡れ修理

18032601-customer-iPhone-repair-ilive-hakata

連日の雨に濡れてしまい、起動できなくなってしまったiPhone。電源が入らないため、お客様はデータ復旧をご希望でした。

1,福岡市博多区住吉からご来店のお客さま

博多区住吉にお住いのお客さま。

iPhoneが緊急事態と慌てて当店へご相談に来られました。

故障時の状況をお聞きすると、ポケットに入れていたiPhoneが雨に濡れてしまい、電源が入らなくなってしまったそうです。

すぐに乾燥させて、様子を見られたそうですが、電源はその後入ることはなかったとのこと。

データのバックアップを最近取っていなかったことを思い出し、慌ててネットでiPhone修理店を検索され、当店へたどり着いたそうです。

2,水没浸水時の基本処置にて復旧!

当店の水没修理は、iPhoneを分解して、内部基板を入念にクリーニングし、壊れたパーツのみを交換して修理するため、お客さまの大切なデータはそのままの状態で残ります。

メーカーでは水没したiPhoneの修理対応は、すべて本体交換となるため、内部データをどうしても残してiPhoneを修理されたい方は、まず当店へご相談頂くことをおすすめいたします。

今回のお客さまのiPhoneも、内部クリーニングにより、無事iPhoneの電源が入るようになりました。

3,充電を我慢すると復旧につながる

お客さまのiPhoneが復旧したいちばんの要因は、iPhoneが水没したあと、充電器に差さすことを我慢したことが大きいです。

内部に水が入り込んでしまったiPhoneを、充電してしまうと、電子部品がショートしてしまうため、復旧が困難になってしまうケースもあります。

お使いのiPhoneが水没したときは、すぐに修理店へお持ちすることをおすすめします。