酔っぱらってトイレに落ちてしまったiPhoneの修理

酔っぱらってトイレに落ちてしまったiPhoneの修理

18041909-customer-iPhone-repair-ilive-hakata

運悪く、トイレに落ちてしまったiPhone。電源が入らない状態のため、データのバックアップも取れない状態。復旧までの修理レポートです。

福岡市博多区美野島からご来店のお客様

博多区美野島にお住いのお客様。

お使いのiPhoneを酔っぱらったときに、トイレに落としてしまい、電源が入らなくなってしまったそうです。

PCにてデーターのバックアップを取ろうとしたものの、PCとの接続も認識しない状態。

なんとか修理で改善できないかと当店へ直接ご来店いただきました。

内部クリーニングによりデータ復旧可能に

水濡れにより電源が入らなくなったiPhonegは、その状態のままではデータのバックアップを取ることはできません。

当店では、水没したiPhoneを分解し、内部をクリーニングすることで、iPhoneの電源が入るようにすることができます。

今回のお客様のiPhoneも、持ち込まれた状態では、まったく電源が入りませんでしたが、内部クリーニングを行うことで、無事電源が入るようになりました。

iPhone水没時にやってはいけないこと

今回のお客様のiPhoneは、水濡れ時に充電してしまったため、電源が入らなくなってしまいました。

iPhone水濡れ時に一番やってはいけないことは、iPhoneに電源を入れたり、充電してしまうことです。

水に濡れたiPhoneに、電気が走ってしまうと、内部でショートしてしまうため、お使いのiPhoneが水に濡れた時は、そのままの状態で、お近くの修理店へお持ちいただくことが、iPhone復旧への近道です。

 

iPhone水没修理カテゴリの最新記事