洗濯機で回してしまったiPhoneの修理

洗濯機で回してしまったiPhoneの修理

18041901-washing-iPhone-repair-ilive-hakata

洗濯機で脱水まで回してしまったiPhone。電源が入らなくなり、データのバックアップも取れない状態でした。復旧までの修理レポートです。

福岡市博多区吉塚からご来店のお客様

お使いのiPhoneを洗濯機で回してしまったと、博多区吉塚からご来店されたお客様。

すでに機種変更は済ませて、新しいiPhoneは手に入れたそうですが、いざデータのバックアップをiCloudから復元しようとしたところ、最近のデータが取れていないことに気づいたそうです。

その中には、旅行中の写真等もあったため、どうしてもiPhoneを修理で復旧させたいとのご希望でした。

お客様ご来店後、iPhoneを分解することに。

内部クリーニングにて電源が入るように

iPhone水濡れから、数日経っていたため、内部に腐食と呼ばれるサビが発生していました。

この腐食が、電気の流れを遮断してしまうため、それが原因で電源が入らなくなることがあります。

iPhone本体から、慎重に内部基板を取り出し、入念にクリーニングを行います。

腐食をすべて取り除き、iPhoneを組み立て後、電源を入れると、無事お客様のデータが残っていることがわかりました。

水没修理後の注意点

当店で水没修理を行ったiPhoneに関しては、すぐにデータのバックアップを取っていただくことをおすすめ致します。

一度、水に濡れたiPhoneは、無事復旧したとしても、何かしらの不具合が起こる可能性があります。

当店でも、iCloudやiTunesでのバックアップのサポートも行っていますので、お気軽にご相談ください^^

iPhone水没修理カテゴリの最新記事