水濡れしてしまったiPhone!データ復旧までの道のり

水濡れしてしまったiPhone!データ復旧までの道のり

180601-customer-iPhone-repair-ilive-hakata

博多区博多駅前からご来店のお客様

お使いのiPhoneが水に濡れてしまったと、博多区博多駅前にお住いのお客様からご相談を受けました。

水に濡れてしまった直後は、タッチ操作もできて、特に問題ないように思えたそうですが、数時間後、液晶表示がおかしくなり、最終的には電源も入らなくなってしまったそうです。

機種変更も考えられたそうですが、電話帳や写真、動画などのデータのバックアップを取っていなかったそうで、どうしても修理で復旧させたいとのご希望でした。

分解クリーニングにて復旧

お客様ご来店後、水没時の詳しい状況をお聞きすると、連日の雨でポケットに入れていたiPhoneが濡れてしまったとのこと。

iPhoneを分解してみると、iPhone上部に腐食と呼ばれるサビができていました。

タッチパネルの部分が腐食していたため、液晶表示不良になってしまっていたのはそのためです。

お客様のデータが保存されている内部基板をiPhoneから取り出し、入念クリーニング後、フロントパネルを交換することで、電源も入るようになり、液晶表示も復活しました。

水没後の処置が復旧率を高める

今回のお客様のiPhoneが復旧したいちばんの要因は、水濡れしたあと、すぐに当店にご来店されたことです。

ネット上には、水没したiPhoneの処置として、数日乾燥させれば良いと書かれているものもありますが、水没時の分解処置は、早ければ早いほど復旧率は高まります。

乾燥等の応急処置はあくまでも応急処置のため、お使いのiPhoneが水没したときは、修理店へお早めにご相談されることをおすすめ致します。

iPhone水没修理カテゴリの最新記事