電源が入らない!トイレに落ちてしまったiPhone

電源が入らない!トイレに落ちてしまったiPhone

18030309-customer-iPhone-repair-ilive-hakata

福岡市中央区清川からご来店のお客様

福岡市中央区清川からご来店頂いたお客様のiPhone。

トイレ中に、後ろポッケに入れていたiPhoneが、ポロリと便器の中に落下。

すぐに拾い上げたものの、次第に調子が悪くなり、最終的には電源が入らなくなってしまったそうです。

以前から、当店の存在を知られていたらしく、至急iPhoneを修理してほしいと緊急でご来店されました。

電源が入らないためバックアップ不可

電源が入らなくなってしまったiPhoneは、PCに繋いでも、当然のことながら接続を認識しないため、データのバックアップを取ることはできません。

そのため、電源が入らなくなったiPhoneは、修理で直し、電源が入る状態にしなければ、バックアップを取ることは不可能です。

お客様ご来店後、iPhoneを分解し、内部クリーニングを行います。

データが全て保管されている、基板と呼ばれる部品を入念にクリーニングすることで、電源が入るようになりました。

Washing-machine-iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata

当日中のご来店が望ましい

水濡れしたiPhoneの復旧率は、水没から分解までの時間が短ければ短いほど高まります。

逆に言うと、水濡れから時間が経ってしまえばしまうほど復旧率は下がってしまうのです。

お使いのiPhoneが水濡れしてしまったときは、一刻も早く、お近くの修理店へ駆け込まれることをおすすめします。

iPhone水没修理カテゴリの最新記事