池ポチャしてしまったiPhone!復旧レポート

池ポチャしてしまったiPhone!復旧レポート

18031202-customer-iPhone-repair-ilive-hakata

福岡市中央区清川からご来店されたお客さま

福岡市中央区清川にお住いのお客さま。

お使いのiPhoneが水没してしまい、修理可能かどうか見て欲しいとご相談に来られました。

お客さまがお持ち込みされたのはiPhone6S。

先日、お散歩中に、うっかり池に落としてしまったそうです。

池が浅かったため、すぐ拾い上げることはできたそうですが、電源はまったく入いらない状態。

まさか自分がiPhoneを水没させるとは、まったく思っていなかったそうで、内部データのバックアップも取っておらず、

「せめてデータだけでも…」

とデータ復旧のご依頼を頂きました。

当店の水没修理はデータ復旧が可能

当店の水没修理は、メーカーでの本体交換対応とは違い、iPhoneを分解して、内部クリーニングにより復旧させます。

そのため、修理後のメリットとしては、内部データがそのままの状態で残ります。

お客さまのiPhoneを分解後、メイン基板をiPhoneから取り出し、専用の液体で入念にクリーニングを行います。

この基板と呼ばれる部品に、お客さまの大事な電話帳や、写真、動画データなどすべてのデータが入っているため、この基板が無事かどうかで、復旧するしないが決まります。

お客さまが、充電器に差さなかったことと、iPhone水没後すぐお持ちいただいたこともあり、今回は無事復旧することができました。

iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata.suibotu

水没後の処置が肝心

当店でも、すべての水没したiPhoneを復旧できるわけではありません。

iPhoneの水没修理の復旧率は、水没後の処置によって大きく左右されます。

iPhoneが水没したときは、電源を入れてしまったり、充電してしまったり、ドライヤーを当ててしまったり(冷風はセーフ)、水没したiPhoneにやってはいけないことをがまんして、お早めに修理店へご来店されることをおすすめします。

iPhone水没修理カテゴリの最新記事