休業のお知らせ

ショック!連日の雨によりポケットの中のiPhoneが…

ショック!連日の雨によりポケットの中のiPhoneが…

18032202-customer-iPhone-repair-ilive-hakata

雨に濡れてしまい、電源が入らなくなってしまったiPhone。電源が入らないため、データのバックアップも取れないiPhoneの、水没修理レポートです。

●福岡市博多区博多駅前からご来店のお客さま

博多区博多駅前にお住いのお客さま。

iPhoneが緊急事態とのことで、直るかどうかすぐ見てほしいと飛び込みで当店へご来店されました。

故障時の状況をお聞きすると、iPhoneが水に濡れてしまい、電源が入らなくなってしまったそうです。

1,ポケットの中でiPhoneが雨に濡れ、起動不可に

ポケットにiPhoneを入れていたところ、突然の豪雨で全身が濡れてしまい、iPhoneもびしょびしょに。

すぐに乾燥させて、様子を見られたそうですが、電源はその後入ることはなかったそうです。

データのバックアップを最近取っていなかったことを思い出し、慌ててネットでiPhone修理店を検索され、当店へたどり着いたそうです。

2,水没浸水時の基本処置にて復活!

当店の水没修理は、iPhoneを分解して、内部基板を入念にクリーニングし、壊れたパーツのみを交換して修理するため、お客さまの大切なデータはそのままの状態で残ります。

メーカーでは水没したiPhoneの修理対応は、すべて本体交換となるため、内部データをどうしても残してiPhoneを修理されたい方は、まず当店へご相談頂くことをおすすめいたします。

今回のお客さまのiPhoneも、内部クリーニングにより、無事iPhoneの電源が入るようになりました。

18032204-washing-iPhone-repair-ilive-hakata

3,充電を我慢すると復旧につながる

お客さまのiPhoneが復旧したいちばんの要因は、iPhoneが水没したあと、充電器に差さすことを我慢したことが大きいです。

内部に水が入り込んでしまったiPhoneを、充電してしまうと、電子部品がショートしてしまうため、復旧が困難になってしまうケースもあります。

お使いのiPhoneが水没したときは、すぐに修理店へお持ちすることをおすすめします。