休業のお知らせ

釣りに行って水没したiPhone!緊急事態のお客様

釣りに行って水没したiPhone!緊急事態のお客様

Fishing-iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata

川釣り中に水没してしまったiPhoneの修理レポートです。iPhone水没修理は、早めの修理が肝心のため、お問い合わせ後、至急ご来店いただくことになりました。

●福岡市博多区春町からご来店のお客様

お使いのiPhoneが水濡れ浸水!誰でもわかる緊急事態です。

他の画面ガラス割れ修理やバッテリー交換修理とは違い、水没浸水は修理が遅れると復旧不能になってしまうケースもあります。

今回、博多区春町からご来店されたお客様も、iPhone水没後、急いで当店へご来店されました。

1,川釣り中にiPhone水没!

ご来店後、水没時の状況をお聞きすると、川釣り中に、川にiPhoneが落下してしまったそうです。

落下した場所が浅瀬だったため、なんとか拾い上げることができたそうですが、数分後電源が入らなくなってしまったとのこと。

内部データのバックアップも取っていなかったため、なんとか修理で直せないかとのご希望でした。

fishing-iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata

2,水没浸水の基本処置にて復旧

受付後、すぐにお客様のiPhoneを分解します。

iPhone内部から、メイン基板を取り外し、入念クリーニング。

浸水してしまったiPhoneが復旧するかどうかは、メイン基板が無事であるかどうかにかかっています。

このメイン基板に、電話帳や写真などのすべてのデータが入っているため、入念的にクリーニングを行います。

乾燥に時間をかけ、約1時間後、無事iPhoneの電源が入るようになりました。

3,当日中に修理することで復旧率アップ

とにかくiPhoneの水没修理は、水没後、どれだけ早く分解できるかどうかが重要です。

水没したiPhoneは、電源を切ったとしても、内部に残った電力が原因で、症状は悪化していきます。

お使いのiPhone水没で緊急事態の方は、お早めのご来店をおすすめたします。