休業のお知らせ

洗濯機で脱水までイってしまったiPhone6S

洗濯機で脱水までイってしまったiPhone6S

Washing-iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata

洗濯機で脱水までイってしまったiPhone6Sの修理レポートです。来店時にはまったく起動ができなかったのですが、水没浸水時の基本処置で復旧するまでの状況をお伝えします。

●福岡市博多区下月隈からご来店のお客様

突然のiPhone水没!普段、日常的に使用されているiPhoneが、全く使用できない状態になると、やはりみなさんとても焦ってしまいます。

トイレに落としてしまったり、雨に濡れてしまったりなど…

当店でもiPhone水没修理についての、お問い合わせは多く頂いております。

今回博多区下月隈からご来店のお客様も、お使いのiPhoneが水没してしまい緊急事態でご来店されました。

1,洗濯機で最後まで回してしまい…

お客様ご来店後、iPhone水没時の状況をお聞きすると、洗濯物の中にiPhoneを入れたまま回してしまったそうです。

それに気づいたのは洗濯が脱水まで終わった後。

その後、インターネットでiPhone水没時の対処方を色々と調べられ、乾燥させたりなど色々試されたそうですが改善は無かったそうです。

2,電源も全く入らない状態

iPhoneの電源は全く入らない状態のため、内部データのバックアップが取れないことが一番困られたとのこと。

機種は使えなくなっても良いので、なんとかデータを取り出したい、というのがお客様のご希望でした。

長時間、洗剤の入っていた水に浸かっていたため、復旧できるかどうか心配でしたが、まずは分解クリーニングを行うことに。

3,水没浸水後の基本処置にて起動可能に

お客様iPhone分解後、内部からメイン基板を取り出します。

このメイン基板に、電話帳や写真などのお客様のデータが保存されているため、入念にクリーニングを行います。

その後、しっかりとiPhone全体を乾燥させ、元どおりに組み立てた後、電源を入れると、無事iPhoneを起動することができました。

iPhone修理 博多

4,内部データを残したい時は

通常、水没したiPhoneのメーカー対応は、すべて本体交換となり、内部データはすべて消えてしまいます。

今回のお客様のように、水没したiPhoneから内部データを取り出すためには、本体交換ではなく、修理で直すしかありません。

お使いのiPhoneが壊れてしまったとき、どうしてもデータを残したまま修理希望の方は、当店での修理をおすすめ致します。