iPhoneが水没浸水により充電不可!内部データを残して修理したい!

iPhoneが水没浸水により充電不可!内部データを残して修理したい!

アイフォン 水没

水濡れにより、充電ができなくなってしまったiPhone。データのバックアップも取れない状態のため、機種変更もできず困られていたところ、当店にご相談に来られました。

iPhone水濡れにより充電不能!修理レポート

水濡れしたiPhoneは、そのまま使用したり、充電器に差してしまうとさまざまな故障が発生してしまいます。
水没浸水の影響は時間差で発生することも多いため、水没直後に故障が発生していないとそのまま電源を入れたままにされる方も多いです。
福岡県福岡市博多区元町からご来店されたお客様もiPhone水没から数時間経ってからiPhoneの調子が悪くなってしまいました。

充電器に差しても反応なし

お客様のiPhoneは水没直後何事もなかったため、データのバックアップを取ろうとPCに接続してしまったそうです。
そのままiTunesでデータ移行をしている最中に、iPhoneがPCに認識しなくなってしまったとのこと。
その後、充電もできなくなってしまったため、当店へ駆け込み修理に来られました。

アイフォン 差込口

ドックコネクターの交換で復旧

お客様のiPhoneはちょうど充電器の差込口辺りが浸水してしまったそうです。
運が良かったのはiPhoneの下部辺りしか水濡れしていなかったため、iPhoneの脳みそである基板自体には水が届いていませんでした。
念のため基板を取り出し入念クリーニング後、充電器の差込口であるドック(ライトニング)コネクターを交換。
無事、充電できる状態にiPhoneを復旧することができました。

まとめ.水濡れ後の充電はNG

どうしてもiPhoneが浸水してしまったとき内部データが消えてしまわないか不安になってしまいます。
そのため、水没直後にデータのバックアップを取ろうとして、iPhoneが壊れてしまうケースが多いです。
お使いのiPhoneが水濡れ浸水したときは、充電せず早めの分解修理をおすすめ致します。

iPhone水没修理カテゴリの最新記事