充電が全くできなくなってしまったiPhoneの修理

充電が全くできなくなってしまったiPhoneの修理

iPhoneの充電器の差し込み口である、ライトニングコネクターはとても壊れやすいです。水分やホコリ等の侵入が原因で、急に充電ができなくなってしまうこともあります。たまに簡単な掃除をしてあげるだけでも、十分に防ぐことができます。

IPhone-ilive-repair

充電器の差し込み口に違和感

はじめは充電ケーブルを差し込んだ時に、根元まで差さらないような違和感を感じたりします。普段パシッと刺さっていた感触が、なんとなくグググってなったりグニャっとか感じたら要注意です。

それでも、充電ケーブルを差す角度を変えたりすると、なんとか充電できるため、しばらくその状態で使用を続ける方がほとんどです。そしていよいよまったく充電できなくなってしまったため、修理に出すパターンになってしまいます。

念のため、家族や友達のつかっている他の充電器でも、充電できないか試してみて、充電反応がまったくなかったら、まずは差し込み口のクリーニングを試してみることに。

簡単な掃除方法

一番簡単な方法は、思いっきり息を吹きかけて空気でホコリなどのゴミを飛ばしてあげることです。ファミコン世代の方はすぐに要領を掴めると思います。その時にツバがかからないように。。

それでも黒いカタマリなどが目で見える場合は、つまようじの出番です。つまようじは木製のものでなるべく優しくゴミをほじくり出しましょう。あまり強引にぐりぐりしてしまうと、コネクター部分の金属を傷つけてしまうのであくまでも優しくです。不器用な方はここまでです。

自分は手先が器用!家や車のメンテなど、ある程度は自分でDIY精神でやっている!と言う方は綿棒に接点復活剤などのオイルを吹きかけ、先ほどのコネクター金属を傷つけないように磨いてください。

コツは縦(充電ケーブルを刺す方向)にだけ動かす感じです。横に動かしたり、グリグリ回転させてしまうと、やはりコネクター金属を損傷させてしまう原因になってしまいます。

ライトニングコネクターの交換により復旧

もし綺麗に掃除しても、充電ができなかったり、パソコンとの接続ができない場合は、iPhone専門の修理店に一度相談してみましょう。

専門店では一度、専用の工具を用いて、ライトニングコネクターに詰まっている、ホコリを取り除いていきます。

それでも充電できない場合はライトニングコネクター自体が壊れてしまってると思われます。水に濡れて充電端子がショートしてしまっていたり、経年劣化で端子の金属がすり減っていたり、理由はいろいろです。

ここでメーカー(Apple)だと本体交換になってしまいますが、iPhone修理の専門店では故障部品を取り外し、新しいライトニングコネクターを取り付ける作業になります。壊れた部品だけ交換するので、本体交換の費用に比べてわずか1/10以下の費用で復活します。

充電が完全にできなくなる前に

今回の修理内容のように、充電口の故障は、故障部品の交換により復旧することが可能です。

ただ、差し込み口に違和感を感じた時点で、ゴミやホコリを取り除いてあげることで、故障予防を行うことが可能なケースもあります。

日頃からお使いのiPhoneをケアしてあげることで、故障を未然に防ぐことをおすすすめ致します。

 

【iPhone】不具合トラブル時の対処法カテゴリの最新記事