休業のお知らせ

充電系の不具合に関するトラブルシューティング

充電系の不具合に関するトラブルシューティング

iPhoneが充電できない時に、どう解決していけば良いのかを記載した、トラブルシューティングになります。ひとつひとつ原因を切り分けていくことで、改善に繋がります。

Headphones-iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata

●iPhoneが充電できない!そんなときの解決方法についての手順

iPhoneを長年使用していれば、iPhoneが急に充電できなくなってしまった!という経験のある方も多いはず。

もしかしたらiPhoneが壊れたかも…と焦ってしまいますが、ひとつひとつ原因を特定していけば、案外簡単に改善することも。

今回は、iPhone充電不良の、考えられる原因を列挙しながら、具体的な対処法の流れをご紹介していきます。

1,まずは原因の切り分けを行う

まずは、充電できない原因がどこにあるのか、特定していくことが大切です。

iPhoneが充電できないとき、充電ケーブルや充電アダプターなどの、iPhone本体以外のアクセサリーに原因がある場合もあります。

切り分け方法としては、他のiPhoneでも同じケーブルとアダプターで充電してみるか、もしくはアクセサリーを新しいものに変えて充電を試すことが必要です。

iPhone 充電できない アイリブ

2,iPhone本体が原因の場合

アクセサリー類を交換しても、改善がない場合は、まずiPhoneの電源を落としてみましょう。

システムの一時的な不具合で、充電できなくなるケースもあるため、電源一度落とすことで、改善することもあります。

それでも改善がない場合は、iPhoneの充電器の差し込み口のクリーニングを試してみることも効果的です。

少量のホコリや水分の侵入が原因で、充電できなくなることも多いため、日頃からこまめなケアが必要な箇所です。

3,上記の方法でも改善がない場合

以上の方法を試しても改善がない場合は、iPhone本体の故障の可能性が高いです。

iPhone本体の故障の場合、充電器の差し込み口や、もしくはバッテリーの劣化で充電できなくなることもあります。

どちらも、故障部品を交換してあげることで、改善することが可能です。

当店専門修理店では内部データを残したまま、iPhoneを修理することができるので、お困りの方はお気軽にご相談してみてください。