小さいお子さんによるiPhone故障トラブルの実例

小さいお子さんによるiPhone故障トラブルの実例

Aninfant-iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata

小さいお子さんによるiPhone故障トラブルの実例のご紹介です。落下による液晶画面破損や充電トラブルなど、お子さんが原因で起こってしまったiPhone故障やトラブルの実例を参考に対策方法をお伝えします。

小さなお子さんが引き起こしてしまったiPhone故障やトラブルの実例を紹介

目を離した隙に、お子さんがiPhoneを壊してしまった!

小さいお子さんがいらっしゃるご家庭であれば、そんなご経験もあると思います。

当店でも、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭から、子供がiPhoneを壊してしまった!とiPhone修理についてのご依頼も多く頂いています。

小さいお子さんは、iPhoneに興味深々です。

そのため、お子さんが引き起こすiPhone故障やトラブルなどの例を事前に知り、未然に防ぐことが必要になります。

今回は、実際にお客様からご相談頂いた、小さいお子さんが原因のiPhone故障やトラブルなどを紹介しようと思います。

Prevention-iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata

iPhone落下による画面割れや表示不良

iPhoneの液晶画面ガラスは破損しやすく、硬い地面に落として破損するだけでなく、お子さんが机にiPhoneをぶつけてガラスが割れてしまったり、ご自宅のフローリングに落下させてしまい液晶表示が映らなくなってしまった、というお問い合わせも多くあります。

iPhoneを外部からの衝撃から守る方法は、シリコンタイプ等のやわらかいクッション性のあるケースカバーで守ってあげることがベストです。

強化ガラスフィルムや、衝撃吸収フィルムで、ガラス面を保護してあげることも大事ですが、フィルムが画面を覆っていない部分に衝撃が加わってしまうと、やはりガラスは破損してしまうため、画面フィルムだけでなく、ケースカバーも重要となります。

children-iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata

ヨダレが原因で充電不能に

お子さんが、iPhoneの充電部を舐めてしまい、ヨダレが原因で充電自体ができなくなってしまうケースがあります。

そのため、iPhoneの充電口に充電キャップを装着することで、水分等の侵入を防ぐ方法があります。

充電ケーブル自体を舐めてしまい、その状態でiPhoneを充電すると、ショートしてしまうこともあるため、iPhone充電時は、充電ケーブル自体も確認してから充電することが良いでしょう。

operation-iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata

ロック解除画面の誤操作

こちらも数多くご相談頂いている内容になりますが、iPhoneの画面ロックは、番号を10回以上間違えて入力すると、ロックがかかってしまいます。

その後、時間経過で、再びロック番号が入力できる状態になりますが、その後も連続して誤入力してしまうと、最終的には内部データが消えてしまいます。

このトラブルに関しては、お子さんの誤入力以外にも、液晶画面の破損によるタッチパネル誤作動が発生した場合、勝手にタッチパネルがロック番号を誤入力してしまうケースもあるため、タッチパネルの不具合が出てしまったiPhoneは、電源を切ることをおすすめします。

【iPhone】不具合トラブル時の対処法カテゴリの最新記事