iPhoneの充電が出来ない!復活するかもしれない必殺テクニック厳選3

iPhoneの充電が出来ない!復活するかもしれない必殺テクニック厳選3

Charging-battery-iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata

iPhoneが充電できなくなってしまったときに、まず試したい解決方法を記載しています。iPhoneの充電が出来なくなってしまったとき、解決するための重要な方法は、どこに原因があるのか切り分けることです。

iPhone充電不良時に自分で試したい3つの解決方法

長年iPhoneを使用されている方でしたら、iPhoneの充電ができなくなってしまった経験のある方もいらっしゃるはず。

充電器を差しても全く反応しなかったり、ケーブルの角度を変えないと充電できなかったりなど。

今回は誰でも簡単にできる、iPhoneが充電できない時の対象方法をお伝えします。

1,まずはiPhoneを再起動してみる

そんなことで直るわけがない、と感じる方もいらっしゃると思います。

ところが当店へiPhone充電不良でお問い合わせ頂くお客様の中には、この方法であっという間に直ってしまうことも。

はっきりとした原因はわかりませんが、システムの一時的な不具合で充電できない場合は再起動で改善します。

その他、非正規の充電ケーブルを使用している場合に、この症状になってしまうこともあるようです。

充電器やアダプターを交換してみる

こちらも実は非常に多いパターンになっています。

例えば、iPhoneが充電できなくなった時、ケーブルと本体の相性の問題で充電できない、というケースもあるのです。

そのため、同じケーブルでも他のiPhoneでは充電できたので、ケーブルは壊れていない、とは断定できないこともあります。

iPhoneが充電できないときは、必ず一度別の充電ケーブルとアダプターでの充電も試してみることをオススメします。

clean-up-iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata

ライトニングコネクターの清掃

iPhoneの充電器の差し込み口であるライトニングコネクターはとてもデリケートです。

ちょっとしたホコリや水分が原因で充電できなくなってしまうことも多くなっています。

自分で掃除しようと思っても、壊してしまったらどうしよう、となかなか躊躇してしまう方もいらっしゃるはず。

乾いた歯ブラシや、爪楊枝などで優しくゴミを書き出してあげるとコネクターを壊すことなく、掃除することができます。

 

【iPhone】不具合トラブル時の対処法カテゴリの最新記事