リンゴループに陥ったiPhoneの復旧方法とは

iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata.ringo

iPhoneがアップルマークを繰り返し、待ち受け画面に進めない、リンゴループという症状について記載しています。リンゴループが発生してしまう原因や、症状発生時の対処法についてまとめています。

iPhoneを起動してもリンゴマークが出たまま..リンゴループになってしまう原因

iPhoneの電源を立ち上げようと電源ボタンを押した後、リンゴマークのままフリーズしてしまうという不具合がiPhoneにはあります。
考えられる原因としては、iOSアップデートを行った時にwifiが途中で途切れてしまったり、
アップデート中に電源が切れてしまったりなど、アップデート中のエラーが原因で起こることが多いようです。

iPhone 初期化

リンゴループ復元方法

iPhoneに関わらず、機械系製品での不具合が発生したときはとりあえず再起動で改善するケースもあるため、まずは再起動をおすすめ致します。
それでも改善がない場合はPCにて、iPhoneリカバリーモード以降後に、iTunesでのアップデートをおすすめ致します。
注意点としては、「システムの復元」ではなく「アップデート」をとにかく何回も試すということです。
データの保存をあらかじめされている方はシステムの復元でも問題ありませんが、内部データを消したくない方はアップデートを成功させるしかありません。

アップデート中のエラー以外の原因は

リンゴループの原因がiPhone内部のキャッシュの問題であったりした場合はアップデート以外の方法をおすすめ致します。
ひとつはセーフモードの起動です。
セーフモードとはiOSに何らかの不具合がおきてしまった時のための「診断用モード」のことです。
セーフモードで起動する方法は電源ボタンを長押しし、一旦iPhoneを終了させiPhoneを起動する際に「音量ボタン(+)を押し続けると起動することができます。

 

 

【iPhone】不具合トラブル時の対処法カテゴリの最新記事