削除したアプリをもう一度復活!

削除したアプリをもう一度復活!

不意に消してしまったアプリや、しばらく使わないなと思って削除してしまったアプリってありませんか?意外と簡単に復活することができるんです。詳しい人には物足りない内容と思いますが、簡単に説明させていただきます。

iPhoneに最初から入ってる、計算機やカレンダー、リマインダー、株価といったiOS標準アプリは、不要だと感じた場合はホーム画面から削除することができます。また必要になった際には、App Storeで再インストールすることで再び利用可能です。

iOS標準アプリも通常アプリと削除方法は一緒!

通常のアプリ削除方法と同じく、iOS標準アプリの削除方法は、アプリのアイコンを長押し、アプリの移動・削除モードにして削除する手順になります。

1、アプリアイコンを長押し

アイコンを長押ししたら、ぶるぶるとういうかふるふると震えているような状態です。

2、「x」マークを押すだけ

削除したいアプリアイコンの左上の「x」マークを押すと、確認画面がポップアップされますので、問題なければタップしましょう。

3、最後にホームボタンを!

ホームボタンを押せば、ふるふるとアプリアイコンが揺れている状態が解除されます。

標準アプリを再インストールする手順

削除したアプリをもう一度復活!

APPストアから検索

ホーム画面から「App Store」を起動し、下のほうのメニューで検索します。検索欄に再インストールしたいアプリ名を入力しますが、「計算機 Apple」「リマインダー Apple」などと、Appleを含むとよりヒットしやすいです。

デペロッパーがApple

似たようなアプリがいくつも表示され、どれが標準アプリかわからない場合は、検索結果のアプリをタップしてアプリの詳細ページを表示しましょう。アプリ名の下に表示されるデベロッパ(開発者)名が「Apple」となっていれば、Apple製アプリだと判断できます。

雲マークが目印

検索結果に、標準アプリの計算機が表示されました。削除して現在はiPhone内にないときは、雲のマークが表示されます。この雲のマークをタップすることで再び利用可能になります。

「ユーザー登録」や「機種変更時のID、パスワード」の設定

標準アプリ以外のアプリも雲マークで表示されますので、一度不要になって削除したアプリも探しやすいと思います。アプリによってはデータがクラウド上に残っていたりするので、iPhoneからアプリを削除する時や、機種変更の時などにも「ユーザー登録」や「機種変更時のID、パスワード」など設定し、メモを残しておきましょう。特にSNSやゲームなどは、その辺の設定は前もってしておかないとアプリの運営すら対処できない場合もあるので要注意です!

【iPhone】裏技と神業!カテゴリの最新記事