休業のお知らせ

iPhoneバッテリーを長持ちさせる!お得な3つの方法

iPhoneバッテリーを長持ちさせる!お得な3つの方法

日常生活でもはや手放せなくなってしまったiPhone。

使用頻度が上がるとバッテリーの充電もそれだけ消費してしまうため、iPhoneバッテリーの寿命を延ばしたり上手に使うための方法を活用しましょう。

iPhoneは新機種が発売される度に、新しい&便利な機能が搭載され、さまざまな進化を遂げています。

ところがバッテリーに関しては、急激な進化をしているという実感はなく、やはり毎日充電が必要であり、快適に使える平均寿命は1年から1年半です。

今回はできるだけ1日の待ち受け時間が長くなる方法から、寿命自体をできるだけ延ばす方法をお伝えしようと思います。

1.iTunesとAppストアの自動ダウンロードをオフ

自動ダウンロードが有効になっているとAppストアやiBooksストア、iTunesから購入したアプリが自動的にアップデートされます。

普段あまり使用していないようなアプリでも、知らず知らずのうちに頻繁に行われていることもあるため、その度に一日の待ち受け時間が短くなってしまいます。

設定変更の方法は設定アプリから「iTunes & App Store」→「自動ダウンロード」の順にタップし、オフにするだけです。

アプリ更新オフ 福岡アイリブ

2.Appのバックグラウンド更新を個別設定

この設定がオンになっているアプリは、バックグラウンド(裏で開いている状態)での更新が行われるため、通信量が増えてしまいます。

LINE等のバックグラウンド更新が必要なアプリもあるため、アプリごとに個別でオンオフの設定をしてあげることが良いです。

「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド更新」の順に選択し、アプリごとにオンオフの選択が可能です。

バッテリー 長持ち

3.20%から80%を保つ

以外に知られていませんが、iPhoneバッテリーであるリチウムイオンバッテリーは充電残量が空っぽになるまで使用しないほうが長持ちします。

空っぽにしてから満充電を行うと、放電深度が大きい分、バッテリー内部での電極の物理的変化が生じてしまうため、劣化が進んでしまうのです。

理想は、20%から80%を保つことですが、出来るだけ充電を空っぽにして何日も放置しないことと、一日中充電器に差しっぱなしにしないことを心がけるだけでも寿命はだいぶ変わってくることでしょう。