休業のお知らせ

iPhoneの防水性能はどこまで大丈夫?

iPhoneの防水性能はどこまで大丈夫?

iPhone 水洗い

iPhoneに搭載されている防水機能。完全防水ではないため、どの程度のレベルまで浸水から守ってくれるのか気になるもの。当店へ実際にお問い合わせいただいた水没修理内容を参考に、防水性能の度合いや、性能維持についての注意点を記載しています。

●iPhoneの防水機能徹底追及!

iPhone7以降に発売されたiPhoneの機種には防水機能が搭載されました。
この防水機能、どこまでのレベルで浸水水没からiPhoneを守ってくれるのでしょうか。
実際の機種を使用しての実演やiPhone修理店での水没修理のデータを元に検証していきます。

1.水洗いは大丈夫?

iPhoneをしばらく使用しているとホコリや汚れが目立ちはじめるもの。
特にケースカバーを外したときなどは普段は気付かない汚れが気になってしまいます。
実際にiPhone7を水洗いしたところ、その後通常使用可能でした。
なお、防水性能の等級の表示というのは、「真水」に対する表記になっているため、お湯などは危険かもしれません。

2.洗濯機で洗ってしまうと

博多区住吉でiPhone修理店を営業している当店には、防水機能が搭載されている機種でも水没のお問合せがあります。
その内容が洗濯機で洗ってしまったり、池や川などに何分か浸かってしまったという内容が多くなっています。
現状の防水機能は長時間の浸水や、真水以外の水分では水没する危険性が高くなっています。

iPhone 落下 福岡アイリブ

3.状態により性能が変わるため要注意

その他iPhoneの状態により防水性能は変わってしまいます。
落下等でiPhoneのガラスパネルが割れていたり、打痕等がフレームに多々ある端末に関しては防水機能が劣化している恐れがあります。
あくまで完全防水ではないため、防水機能を妄信した使用にはご注意を。