劣化したiPhoneバッテリー!早めの交換が必要な理由とは?

劣化したiPhoneバッテリー!早めの交換が必要な理由とは?

こうかん

寿命ギリギリまで使用したiPhoneバッテリーが引き起こす症状

寿命がきたiPhoneバッテリーは、そのままの状態で使用すると、様々な故障の症状が発生します。実際に起こりえるiPhoneバッテリーの故障内容や、劣化したiPhoneバッテリーについての注意点についてまとめています。

本体が異常な熱を持ってしまう

寿命が来たiPhoneバッテリーをそのまま使い続けるとさまざまな故障の症状が発生します。
充電中や通話中に異常な熱を持ってしまうのも、劣化の症状のひとつです。
iPhoneの異常加熱は他の内部部品にも影響を及ぼしてしまう可能性もあるため要注意です。

バッテリー膨張の可能性

iPhoneバッテリーは暑さに弱く、iPhoneが熱を持ちやすい環境での使用を続けると膨張してしまうことがあります。
特に充電中の使用が多い方や、お車やモバイルバッテリーでの充電など、ご自宅以外の充電を頻繁にされる方にその傾向があります。
膨らんでしまったiPhoneバッテリーは液晶画面破損の原因となるためお気をつけください。

でんち

電源が入らなくなる

逆に寒い環境での使用もiPhoneバッテリーの故障の原因になります。
充電残量がまだ残っているのに電源が落ちてしまったり、どれだけ充電しても充電が溜まらない症状は寒い冬の時期に多くみられます。
年末の忙しい時期にお使いのiPhoneの電源が入らない、といったことにならないようご注意を。

まとめ.劣化のサインをお見逃し無く

上記のような症状の前に、iPhoneバッテリーは劣化がはじまると劣化のサインがで始めます。
充電の持ちが悪くなってきたり、電源が落ち始めたりなどの症状が出始めたらお早目の交換をおすすめ致します。

【iPhone】裏技と神業!カテゴリの最新記事