知らなきゃ損!iPhoneのカメラを上手く撮影する方法!

知らなきゃ損!iPhoneのカメラを上手く撮影する方法!

iPhoneの標準カメラに備わっている便利機能をご紹介

知らないままでいるのは損をしている!iPhoneのカメラを上手く撮影する方法を記載します。標準で備わっている機能を使いこなすだけで、iPhoneカメラでもクオリティーの高い写真を撮影することが可能です。

グリッド線を利用する

グリッド線とはカメラ撮影時にiPhone画面上に出てくる縦横それぞれ2本ずつ引かれた線のことです。グリッド線の効果はプレビュー画面を確認しながら被写体の位置を決めるときの目安となるため、グリッド線に合わせiPhoneの角度を調整することで、被写体を傾かせずに写真撮影することが可能です。微妙に傾いてしまった風景等の写真には違和感を感じるものですが、グリッド線に合わせ水平に写真撮影を行えば、そのような撮影ミスは少なくなります。設定方法は「設定」アプリの「写真とカメラ」の項目にある「グリッド」を有効にすることで使用可能です。

バーストモードで撮影!

特に集合写真等で効果的な機能です。人が沢山集まって写真を撮るときなど、どうしても全員の表情を上手く撮影することは困難。そんなときこのバースト機能を使用することで撮影ミスの不安は解消できます。複数枚の写真を瞬時に撮影するため、撮影後気に入った写真のみを選択することが可能になります。バーストモードで撮影したあとは、画面下の「選択」をタップ。その後、連写された写真一覧が表示されるため、お気に入りの写真のみを指定して保存が可能です。

音量ボタンでシャッターを切る

iPhoneカメラは音量ボタンでもシャッター撮影することが可能です。通常の風景撮影等であれば、画面上のシャッターボタンタップで問題ありませんが、インカメラを利用した自撮写真などの撮影時は、どうしても画面タップしにくいもの。音量ボタンであればしっかりとiPhone自体を持てるため、無理な片手撮影で、うっかりiPhoneを落としてしまって壊れてしまうなんていう事故も減るかもしれません。

iPhone 連写

ボリューム シャッター

まとめ.アップデートの度に増える新機能

今回紹介したカメラ撮影時の便利な機能以外にもiPhoneには新機能が搭載されていきます。今までは無かった機能もアップデートの度に増えていくため、知らない間にこんな機能があったなんて!とびっくりしてしまうことも。満足いく写真を撮影することはなかなか難しいですがiPhoneの隠された裏技&小技などをフル活用すれば思いがけない奇跡の一枚が撮れることもあるかも!?

 

【iPhone】裏技と神業!カテゴリの最新記事