iPhone新バージョンiOS11に搭載された「緊急SOS」とは?

iPhone新バージョンiOS11に搭載された「緊急SOS」とは?

●もしものときのために知っておこう!緊急SOS!

iOS11 緊急SOS 使い方

iPhone新バージョンiOS11で追加された「緊急SOS」について詳細を記載しています。

緊急事態をダイレクトに伝えることが可能

先日リリースされたiOS11ですが、緊急事態の時にすぐさま警察や救急などに連絡できる「緊急SOS」という機能も搭載されました。便利な点としては、この機能を使ったと同時に自分の位置情報も伝えられる点にあります。緊急を要する事故が目の前で起きたとき、電話でスムーズに状況や現場の位置を伝えることはとても困難です。この機能を使用すれば、緊急事態をそのまま伝えることができるため、万が一のときに必ず役立つ機能となっています。

使い方は「スリープボタンを5回連続で押す」

緊急SOSは電源ボタンをすばやく5回連続で押すことで起動することができます。iPhone8/8Plusに関しては最初の設定でサイドボタンと音量ボタンの長押しで起動するようになっているため、要注意です。こちらは設定から他機種と同じよう電源ボタンをすばやく5回連続で起動に変更することが可能です。その後、ロック画面に表示される緊急SOSをスライドすることで警察や海上保安庁、救急などのメニューが表示されるので、通報したい項目をタップして発信することが可能です。
電源 スリープボタン

メディカルIDとも連動

iPhoneアプリのヘルスケアでメディカルIDを設定しておくと、救急のときに医療関係者が情報をチェックできる仕組みにもなっています。このメディカルIDでは警察や救急以外の緊急連絡先も任意に設定できます。iPhoneロックを解除しなくても電話をかけることができるため、万が一に備え設定しておくことをおすすめ致します。

ヘルスケア メディカルチェック

まとめ.むやみなお試しはNG

緊急SOSは起動させると確認画面も出ずにダイレクトに発信されてしまうため、起動するかどうかのテスト通話はご法度です。カナダでは「緊急SOS」をむやみに試す人が続出してしまったため、トロント市警察がとても困惑しているため、Twitterでもむやみに緊急SOSを使わないよう呼びかけが行われたそうです。万が一の時に役立つ機能ですが、緊急事態以外に緊急通報することは、本当に助けを求めている方の妨げにもなるためひかえましょう。

【iPhone】裏技と神業!カテゴリの最新記事