実は危険?直りそうでも危険なiPhone水没浸水時の対処法!

実は危険?直りそうでも危険なiPhone水没浸水時の対処法!

iPhone水没 ダメ

iPhone水濡れ時の対処方法として、本当は間違っているものについて記載しています。水没したiPhoneの復旧率は、水没後の対処方法によって変わるため、適切な処置が必要です。

本当は間違い?ネット上で見かける3つの間違った対処法!

長年iPhoneを使用されている方だったら経験のある方も多いはず。ついうっかりトイレにiPhoneを落としてしまった…。日常生活でiPhoneを使用する上で一番怖い「水没」です。自分は大丈夫…と思っていてもいざ自分のiPhoneが水没してしまうとどうして良いのかわからないもの。そんなiPhone水没時の対処法として、ネットで検索するといろいろと対処法が出てきます。「電源を入れてはいけない」「充電器に差してはいけない」など、もちろん最低限の当たり前の情報とはべつにして、一見、効果的のように思えても、実は症状が悪化してしまう、間違った対処法があるのも事実です。今回は、その「実は間違っている対処法」を記載させて頂こうと思います。

iPhoneを自然乾燥で直す

これに関していうと、応急処置としては間違っていないです。ただあくまでも応急処置。ジップロック等に乾燥剤や生米を入れて、2、3日放置させる。この「2、3日」というのが問題です。iPhoneの電池パックは他の一部のアンドロイド機種のように簡単に電池パックが取外せないため、iPhone水没後、仮に電源を切ることができたとしても、微量な電流がずっと内部で流れている状態のため、電池残量が残っている状態でiPhoneを水没させてしまった場合、刻一刻と症状は悪化していきます。電池残量がほぼ0の状態で水没させたiPhoneであれば、一週間ほど乾燥させれば直る可能性もありますが、電池残量が入った状態でiPhoneが浸水してしまった場合は、早めにiPhoneを分解できる修理店へ持ち込むことが吉です。

真水で洗い流す

iPhoneが海水やジュースなど、真水でない液体に浸水した場合、ネット上では真水で洗い流すこともひとつの方法として出回っています。その場合、何分もiPhoneが海水等に浸かってしまい、明らかにiPhone内部全体に水分が入り込んでいる場合は、やむおえない処置としてはひとつの方法ですが、実際に海水に浸水したお客様のiPhoneを分解してみると、内部基板に海水が届いておらず、復旧するケースも多々あります。そんな実はそれほど海水が入り込んでいなかったiPhoneを真水で洗ってしまう行為はより症状を悪化させてしまうことになります。どうしてもこのような処置の方法を取る場合は、真水でなく薬局等でエタノールを入手して、ジップロック等に注ぎ洗い流す方が効果的です。
iPhone水没 福岡

冷蔵庫に入れる

水没したiPhoneをドライヤーの熱風で乾かしたり、電子レンジを使用して乾かしたりすることがNGな方法であることはネット上でも多く言われていますが、まれに冷蔵庫で冷やす方法は効果的だと記載されているサイトもあります。冷蔵庫に入れてしまうと逆に結露を生み、その水分によりショートしてしまう可能性もあるため、冷やす行為が効果的だとしてもリスクが高すぎるため、こちらもあまりおすすめはできません。
iPhone修理 博多

まとめ.状況によって適切な対処法は変わる

一口に「iPhone水没」といっても、水没した液体が何なのか、どれぐらいの時間浸水したのか、電池残量はどれくらいだったのか、すぐにiPhoneを分解できる修理店に行くことが可能なのか、など、そのときの状況によって適切な対処法は変わります。最善の方法としては、早めに分解する、ということに変わりはありませんが、それが難しい場合の応急処置としては、ひとつのサイトを鵜呑みにせず、状況に合った対処法をできるかどうかがiPhone復旧へのカギとなります。

【iPhone】裏技と神業!カテゴリの最新記事