年末にiPhoneも大掃除!見た目も中身もスッキリさせて新年を!

年末にiPhoneも大掃除!見た目も中身もスッキリさせて新年を!

iPhone修理 福岡

新年からiPhone故障で困らないように故障を未然に防ぐ!

お使いのiPhoneを大掃除!毎日使っているiPhoneも、定期的にケアしてあげることで寿命が延びるものです。そんなiPhoneの大掃除の仕方を記載します。

iPhone故障 博多

充電器の差込口の掃除が一番大切

iPhone本体の汚れを取ってあげると故障を防ぐことができます。iPhone本体に付いた汚れが原因で起こる不具合は多々あり、通話時、相手の声を聞くためのイヤスピーカーと相手に声を届けるためのマイク。着信音等の音声を出力するラウドスピーカー。その他、イヤホン使用のためのイヤホンジャックなど色々と汚れが原因で故障する箇所がありますが、その中でもいちばん故障しやすく、もっとも故障予防が重要な箇所が、ライトニングネクター(ドックコネクター)になります。修理店の中でもかなり修理依頼が多く、ここが壊れてしまうと充電不可になり、起動すら難しくなってしまうので、乾いた歯ブラシやつまようじなどでやさしくほこりをかきだしてあげることで故障予防になります。

iPhoneデータ 復旧

写真や動画、アプリの整理はこまめに

先日発売されたiPhone7のデータ保存容量は32GB、128GB、256GBとなっていて、過去のiPhoneの容量と比べると16GBが無くなり、256GBというさらに大容量のものが追加され、以前に比べると容量不足で悩んでいる方は減りましたが、128GB以上のiPhoneであっても、動画や写真の整理を怠っていると、やはりデータがいっぱいなってしまいます。容量が多ければ多いほど、バックアップにも時間がかかるため、いらないアプリや写真や動画はこまめに削除することが必要です。iPhoneの容量が一杯になり、それでも無理して使い続けると、iPhoneがパンクしてしまい、iPhone立ち上げ時のアップルマーク表示でフリーズしてしまい、内部データをすべて消去しなければ復旧しなくなってしまいこともありますので、ご注意を。

iPhoneフィルム 福岡

ケースやフィルムも新しく

iPhone画面の保護フィルムを新しく張り替えてみると、「こんなに画面表示ってキレイだったんだ!」と思うことも。画面シートは画面をキズや汚れから守るためには必要な存在ですが、所詮消耗品なので、キズや汚れが目立ってきたら張り替えてあげることで、また新年からクリーンな画面表示でiPhoneを使用することができます。iPhone本体を包み込むケースカバーについても落下の衝撃でどんどんカケたり割れたりしてしまうタイプのものもあります。壊れてしまった状態のiPhoneケースを使い続けると、本当にiPhoneを守ってほしいときに保護してくれない場合もありますので、ケースも消耗品と割り切って新しくしてあげましょう。

まとめ.修理以外のお問い合わせもお気軽にどうぞ

当店ではiPhone修理以外の内容でも、データのバックアップサポートやiPhone無料診断、その他、iPhoneケースやフィルム、アクセサリーの販売なども行っておりますので、iPhoneについてお困りのことがあればぜひお気軽にお問い合わせください^^

【iPhone】裏技と神業!カテゴリの最新記事