iPhoneカメラ パノラマ

iPhoneカメラ機能の、意外と知らない裏技や神業について記載しています。iPhoneのカメラ機能はiOSのアップデートなどにより、新機能が増えていくため、こだわりの写真がどんどん撮影可能になります。

●iPhoneカメラ機能を使いこなす!ウラ技まとめ

1.パノラマ撮影で広がる世界

パノラマ機能は、通常ファインダーに収まりきらない幅広い風景などを、1枚の写真に収めるというものです。横長だけでなく、縦長での撮影も可能で、最大240°の広さで撮影が可能です。撮影方法としては、通常のカメラアプリを起動し、画面下部、一番右端にある機能設定のパノラマをスワイプして選択します。その後、シャッターボタンを押すと撮影開始。iPhoneを画面上に表示される矢印をセンターラインに合わせて動かすことで撮影できます。再度シャッターボタンをタップすると撮影終了です。縦長か横長の選択はiPhoneを横向きにするか縦向きにするかどうかで決められます。

iPhone HDR

2.HDR機能を利用しよう!

iPhoneのカメラアプリを開けば目にする「HDR」の文字。存在自体は知ってはいても意外と使用している人は少ないです。HDRは「ハイダイナミックレンジ合成」の略です。機能としては、カメラ撮影時に明度差を広く取り、肉眼で見たままに近い画像に合成できるというものです。からくりとしてはシャッターを切った際に、露出の異なる何枚かの写真を合成し、出来の良い部分を合成して、ひとつの写真にまとめるというものです。それにより、通常の写真よりも、肉眼で見たものに近いクオリティーの高い写真に仕上げることが可能になりました。HDRの設定は手動でオン/オフの切り替えが出来る他、iPhoneがHDRが必要だと判断した場合、自動で切り替わる設定にもできるため非常に便利です。

iPhone QR

3.iOS11ではQRコードのスキャンが可能!

飲食店や小売店のクーポンなどで利用されているQRコード。今では一般的になりましたが、それでも使用する場合は専用のアプリを使用して読み取らないといけなかったところが少しめんどうでした。iOS1からは通常のカメラアプリでもQRコードを読み取ることができるようになりました。方法としては、標準カメラを起動して、QRコードにかざすだけ。QRコードをカメラアプリが認識すると通知が表示されます。通知内容に従い、safariでページを開いたり、電話番号に発信などタップするだけで簡単に利用できます。以前までのようなQRコード専用アプリのように広告が表示されるようなこともないため、非常に使い勝手が良いです。

まとめ.新機種&バージョンアップの度に進化

iPhoneのカメラ機能は、以前までは機能的に不可能で、不便を感じていたことでも、新機種発売やiOSのバージョンが上がる度に進化していきます。こんな機能があったら…と普段から思っていることが実はすでに搭載されていたりするなんてことも。当ブログでも新たな機能が搭載される度に随時追っかけていきます!

故障だと思っていたことが、お電話一本でトラブル解決したという事例も多数あります!iPhone不良等でお困りのことがあれば、まずはお気軽にお問い合わせください。当店は博多区住吉で営業しているので、普段は福岡市内(博多区、中央区天神、城南区、東区、西区、早良区)のお客様のご来店が多いですが、博多駅から歩いてすぐご来店できる距離にありますので、出張中や旅行中であまり土地勘が無いお客様でも安心です。近隣(大野城市、春日市、糸島市、粕屋郡、北九州市など)でiPhone修理が地元にないというお客様はぜひ当店をご利用ください^^

即日iPhone修理【アイリブ福岡】
092-263-1055
〒812-0018
福岡市博多区住吉3-5-2 2階

博多駅から徒歩8分
城南線 住吉通り沿い
住吉バス停10秒
ラーメン博多徳兵衛の2階です!
アクセスMAP

各修理の詳細はこちらから↓
iphone-glassrepair-fukuoka-ilive-topbanariPhone修理 福岡アイリブiLive水没浸水トラブル故障修理iPhone修理福岡アイリブ|バッテリーや充電のトラブル故障修理iPhone各修理料金価格表
お気軽に電話ください092-263-1055