iPhone防水

iPhoneの防水機能!日常生活でiPhoneを使用できる環境が増えるため、とても便利な機能ですが、その機能を過信してしまうと、iPhoneが思わぬ浸水にみまわれてしまうことも…

●iPhoneの防水機能は劣化する?長持ちさせるための豆知識!

iPhone7/7Plus以降のiPhone機種には防水機能が搭載されました。
ところがこの防水機能。
iPhoneの使い方によって徐々に劣化していくことも…。
今回はiPhoneの防水機能をできるだけ長持ちさせるための3つの秘訣をご紹介します。

1.落下等の衝撃から守る

iPhoneが硬い地面等に落下してしまうと画面ガラスが割れてしまったり、本体ボディが凹んでしまったりします。
液晶画面が割れてしまった場合は、もちろん割れたガラスの隙間から水分が進入してしまいます。
本体ボディが凹んだり、歪んでしまった場合、ガラスが割れていなくても、同じように凹み等によって出来た隙間からiPhoneが水没してしまうことも。
常日頃からiPhone落下の事故に備えシリコンケース等でカバーしてあげておくことがベストでしょう。

2.出来るだけ熱を持たせない

iPhoneの防水機能は、液晶画面と本体ボディの間に防水テープが貼り付けされており、それが水分の浸入を防ぐ役割を果たしています。
ただこの防水テープが劣化してしまうと、一度も落下させたことが無いiPhoneでも水分が進入してしまいます。
この防水テープ劣化の要因のひとつに、「熱」が関係しています。
iPhoneが熱を持ちやすい充電(充電中の使用、お車での充電等)を頻繁にされる方のiPhoneは劣化しやすい傾向にあるため要注意です。

3.使用環境に気をつける

上記の二点にどれだけ気をつけていても、水っ気や塵やホコリが多い環境で使用を続けていると防水テープは徐々に劣化していきます。
防水防塵とはいえど、その機能を保つためには、できるだけ防水機能が劣化しない環境でiPhoneを使用することが吉でしょう。

iPhone防水加工

まとめ.現在の性能が心配な方は…

iPhone7/7Plusが発売されてから約1年程。
お使いのiPhoneの防水機能は大丈夫かな?と心配になられている方も多いはず。
当店ではお客様がお使いのiPhoneの防水機能の診断チェックや、新しい防水テープの張替え作業など随時受け付け中です。
お気軽にご相談ください^^

故障だと思っていたことが、お電話一本でトラブル解決したという事例も多数あります!iPhone不良等でお困りのことがあれば、まずはお気軽にお問い合わせください。当店は博多区住吉で営業しているので、普段は福岡市内(博多区、中央区天神、城南区、東区、西区、早良区)のお客様のご来店が多いですが、博多駅から歩いてすぐご来店できる距離にありますので、出張中や旅行中であまり土地勘が無いお客様でも安心です。近隣(大野城市、春日市、糸島市、粕屋郡、北九州市など)でiPhone修理が地元にないというお客様はぜひ当店をご利用ください^^

即日iPhone修理【アイリブ福岡】
092-263-1055
〒812-0018
福岡市博多区住吉3-5-2 2階

博多駅から徒歩8分
城南線 住吉通り沿い
住吉バス停10秒
ラーメン博多徳兵衛の2階です!
アクセスMAP

各修理の詳細はこちらから↓
iphone-glassrepair-fukuoka-ilive-topbanariPhone修理 福岡アイリブiLive水没浸水トラブル故障修理iPhone修理福岡アイリブ|バッテリーや充電のトラブル故障修理iPhone各修理料金価格表
お気軽に電話ください092-263-1055