休業のお知らせ

iPhone水濡れ浸水時は要注意!故障の症状は時間が経ってから?

iPhone水濡れ浸水時は要注意!故障の症状は時間が経ってから?

iPhone 水濡れ アイリブ

iPhone水没後、しばらくしてから故障の症状が発生してしまいました。徐々に液晶表示がおかしくなってきたため、至急当店へご来店いただくことに。

●水濡れから徐々に調子が悪くなってしまったiPhone!

1.福岡県福岡市南区桧原からご来店のお客様

お使いのiPhoneが水濡れ浸水してしまったとき、みなさんはどうしますか?
すぐに拾い上げ、乾かして、とくに水濡れの症状が出ていなければ、もしかしたら大丈夫かも…と、そのまま使用される方もいらっしゃるはず。
今回、福岡市南区桧原からご来店されたお客様も、お使いのiPhoneを落としてしまい、当店へご相談に来られました。

2.数時間のうちは起動していたけれど…

お客様のiPhoneは水没したあと、数時間のうちは通常使用できていたそうです。
ところが徐々にタッチパネルの反応が悪くなりはじめ、液晶表示に線が入ってしまったりなどの症状が出てきてしまったそうです。
その後、使用を止め、自然乾燥をさせてはみたものの、最終的に起動できなくなってしまったそうです。

3.分解クリーニングで復旧成功

お客様ご来店後、iPhoneを分解してみると基板内部に腐食と呼ばれるサビが進行していました。
タッチパネルの反応が悪くなったり、液晶表示がおかしくなってしまったのはこの腐食が発生してしまったことが原因です。
腐食を取り除き、入念に乾燥クリーニングを行うことでお客様のiPhoneは見事復活しました。

iPhone水没修理

まとめ.大丈夫かも…が危険!

iPhoneが水濡れしてしまったとき、故障の症状があまり出ていないと、どうしても大丈夫かも…と感じてしまいがちです。
水分が浸入したiPhoneは一分でも早い分解で復旧できる可能性が高まります。
あの時早めに修理に出しておけば…と後悔ないよう至急の対応をおすすめ致します。