液晶と本体が分かれてしまったiPhone!修理で液晶表示復活!

液晶と本体が分かれてしまったiPhone!修理で液晶表示復活!

iPhone画面ガラス割れ

液晶と本体が分かれてしまったiPhoneの、液晶表示が復活するまでの修理記事です。一見修理不能に思えるiPhoneでも、修理可能かどうかは、分解するまでわかりません。

●画面ガラスと本体が二つに分かれてしまったiPhoneの修理

1.福岡市南区多賀からご来店のお客様

福岡市南区多賀からご来店されたお客様。
お使いのiPhoneをビルの3Fから落下させてしまったそうです。
修理が可能であれば修理で復旧させたいと当店へご相談頂きました。

2.高所から落下したため真っ二つに

当店へ到着したお客様のiPhoneを確認すると、画面ガラスと本体ボディが真っ二つに分かれてしまっていた状態でした。
iPhoneの液晶画面と内部基板はフレキシブルケーブルで繋がっています。
真っ二つになってしまった衝撃でそのフレキシブルケーブルが断線してしまうと液晶表示がまったく出来なくなってしまいます。

3.故障部品の交換で完全復旧

お客様のiPhoneに新品の液晶パネルを仮付けしてみると、液晶画面にアップルマークが点灯しました。
電源が入ることが分かったため、新品のパネルを本体に組み込みます。
修理後の動作確認でも問題なかったため、無事iPhoneを修理することができました。

iPhone修理 福岡

4.基板が無事であれば修理可能

今回のお客様のiPhoneのように一見修理不可能に見えるiPhoneでも修理が可能なケースは多いです。
内部基板さえ無事であればバッテリーや液晶パネルなど故障した部品を交換してあげることで復旧が可能です。
メーカーで修理不能と判断されたiPhoneでも当店では修理できることもありますのでお気軽にご相談ください^^