iPhoneのマナースイッチが勝手に切り替わる?部品交換にて改善

iPhoneのマナースイッチが勝手に切り替わる?部品交換にて改善

マナー

iPhoneの、マナーモードのオンオフが勝手に切り替わり、とてもご不便とのご相談です。復旧までの修理レポートです。

マナーモードにしても音が鳴ってしまうiPhoneの修理

iPhone修理店を営業していると、色々なiPhoneの故障の症状のお問合せがあります。
今回、博多区千代からご来店頂いたお客様のiPhoneはマナーモードが勝手に切り替わってしまうというものでした。
とくに目立った破損等は無いということなので、診断もかねて直接当店までご来店頂くことになりました。

マナーキーが勝手に切り替わる

お客様ご来店後、iPhoneを確認すると、マナーキーが少しの振動でも勝手にON/OFFが切り替わってしまう状態でした。
着信音を鳴らしたくないときに鳴ってしまう状態のため、とても困ってしまっているとのことです。
まずはお客様のiPhoneを分解してみることに。

修理

部品交換にて改善

念のためお客様のiPhoneを分解後、内部点検。
とくに水濡れや破損が無かったため、マナーキーの部品を取り替えます。
部品交換後、マナーキーの切り替えを確認すると、無事正常な状態に戻りました。

まとめ.緩みが原因

iPhoneのマナーキーやその他のホームボタンや音量キーなどは、経年劣化により緩みが生じることがあります。
そのままの状態で使用を続けると、まったく切り替えが出来なくなってしまったり、ボタンを押しても反応がなくなってしまうことも。
大事なときにiPhoneが使えない!という事態にならないようお早目の修理をおすすめ致します。

その他iPhone修理カテゴリの最新記事