iPhoneのインカメラ撮影時に曇り有り!復旧修理

iPhoneのインカメラ撮影時に曇り有り!復旧修理

フロントカメラ

インカメラ撮影時に、写真が曇ってしまうiPhoneの修理記事です。iPhoneの画面ガラスが割れてしまった状態で使用を続けると、他の部分にも影響が出てしまうことがあります。

●画面ガラス破損によりインカメラが曇ってしまうiPhone

今回、南区屋形原からご相談に来られたお客様のiPhoneはインカメラの撮影時、写真が曇ってしまうとのことでした。
インカメラが曇ってしまう症状はフロントパネルかもしくは内部のインカメラモジュールが原因です。
お電話だけではどちらが原因かわからなかったため博多区住吉の当店まで直接ご来店いただくことに。

ガラス割れが原因で

お客様のiPhoneを確認すると、フロントパネルのちょうどインカメラ部分にひび割れがありました。
このひび割れが原因で、インカメラ撮影時に曇りが発生している状態でした。
そのため、お客様受付後、フロントパネルを交換することに。

インカメラ うつらない

フロントパネルの交換にて復旧

iPhone分解後、新しいフロントパネルを取り付けます。
その後、インカメラを起動させ、点検すると無事曇りがなくなっていました。
インカメラ部品は傷ついていなかったため、修理箇所も一箇所で済んだのでお客様も一安心。

まとめ.内部カメラ部品が傷つく前に

iPhoneの画面ガラスであるフロントパネルはとても割れやすく、ちょっとした衝撃で割れてしまいます。
iPhoneの構造上、割れた画面ガラスは上部が剥げてしまう傾向にあり、インカメラ撮影に難が出てしまうことも多いです。
剥き出しになってしまったインカメラをそのままにしておくと、カメラ部品も壊れてしまうこともあるためお早目の修理をおすすめ致します。

その他iPhone修理カテゴリの最新記事