休業のお知らせ

iPhoneの液晶画面が浮いてきた!?原因追求の分解修理

iPhoneの液晶画面が浮いてきた!?原因追求の分解修理

修理 博多

液晶画面が突如浮いてきたiPhoneの修理です。特にiPhoneを、落とされた覚えもなかったそうなので、ご来店後iPhoneを分解してみることに。

●画面ガラスと本体ボディに大きな隙間ができてしまったiPhone

1.福岡市博多区銀天町からご来店のお客様

iPhone修理店を営業していると、さまざまなiPhone故障修理のお問合せがあります。
今回、博多区銀天町からご来店されたお客様の故障は落としたわけでもないのに、画面ガラスと本体ボディの間に隙間ができてしまったというものでした。
お電話でのお問合せではどのような状態か正確に判断できなかったため、博多区住吉で営業中の当店へ直接ご来店いただくことになりました。

2.徐々に隙間が広がっていき…

お客様ご来店後、iPhoneを確認するとディスプレイに向かって左側に大きな隙間ができていました。
はじめは少しの隙間だったそうですが、日にちが経つにつれその隙間が徐々に大きくなってきたそうです。
受付後、さっそくお客様のiPhoneを分解してみることに。

電池 膨らむ

3.バッテリーの交換で復旧

お客様のiPhoneを分解すると、内部の電池パックが膨張していました。
その膨らんでしまったバッテリーが内部からフロントパネルを押し上げ、隙間を作っていました。
膨らんだバッテリーを本体から取り外し、新品のバッテリーを取り付けると、無事症状は改善しました。

まとめ.劣化のサインをお見逃し無く

iPhoneバッテリーの劣化がはじまると、電源が落ちやすくなったり、充電中に熱を持ったりします。
そのような劣化のサインを見逃し、そのまま劣化したバッテリーを使用し続けると、
最終的には電源が入らなくなってしまたり、膨張したりするため、寿命が来た電池パックはお早目の交換をおすすめ致します。