iPhoneのマナースイッチが切り替わらない!凹み修正により改善!

iPhoneのマナースイッチが切り替わらない!凹み修正により改善!

iPhone マナー

マナースイッチが切り替わらなくなってしまったiPhoneの修理レポートです。落下等の衝撃でフレームが凹んでしまったことが原因でした。復旧までの詳細です。

●マナーモードに切り替えられない故障iPhoneの修理

今回、福岡県福岡市博多区大井にお住まいのお客様からiPhone修理のご依頼を頂きました。
お使いのiPhoneのマナースイッチが壊れてしまい、大事な時に着信音を消音にできないためお困りとのこと。
お電話でのお問合せ時には破損状態がわからなかったため、一度直接ご来店いただくことになりました。

落下時の衝撃により側面が凹んでしまい

お客様ご来店後iPhoneを確認するとマナースイッチ付近の本体フレームが凹んでしまっていました。
それによりマナーモードの切り替えが出来ない状態でした。
念のためメーカーにもご相談されたそうですが、本体交換になってしまうと言われてしまったそうです。

フレーム修正により改善

お客様のiPhoneを分解し、内側から圧力をかけ、フレームの凹みを修正してみました。
すると凹み自体は緩和されたため、一度フロントパネルを取り付け、もとの状態に組みなおしました。
その後、電源を立ち上げマナースイッチの確認をしたところ、見事マナースイッチの切り替え機能が復活しました。

iPhone充電不可

まとめ.直らないように思えても

一見破損がひどく直らないように思えるiPhoneでも修理可能なケースはあります。
とくにメーカーでは実際は修理可能でも破損がひどい状態のものは全て本体交換対応と言われてしまいます。
どうしてもお使いのiPhone故障を修理で改善されたい方はご近所のiPhone修理店へご相談ください^^

その他iPhone修理カテゴリの最新記事