本体が曲がってしまったiPhone!修理は可能?

本体が曲がってしまったiPhone!修理は可能?

iPhone 博多 修理

本体がぐにゃっと曲がってしまったiPhone。修正による復旧は可能なのでしょうか?

●フレームが大きく湾曲してしまったiPhone修理!

みなさまお使いのiPhoneを思わずうっかり落下させてしまった時、画面ガラスが割れてしまうことがあります。
画面ガラスだけの破損であれば、フロントパネルを交換してあげることで元通りになりますが、落下時の破損の衝撃が強いともっとやっかいなことも。
今回福岡市南区皿山からご来店されたお客様のiPhoneも落下の衝撃でiPhoneが壊れてしまい、当店へご相談に来られました。

落下の衝撃で曲がってしまい…

お客様ご来店後、iPhoneを確認させていただくと、画面ガラス割れの症状と他に、本体ボディに湾曲が見られました。
とくにiPhone6/6Plusは本体ボディの強度が弱く、ちょっとした衝撃や圧力で曲がってしまうことがあります。
お客様はどうしても修理で直されたいとのことで、受付後iPhoneを分解してみることに。

フレーム修正で改善

iPhoneの本体フレームが曲がった状態で新しいフロントパネルを取り付けてしまうと画面がすぐに割れてしまったり、隙間が出来てしまいます。
そのため、一度iPhone内部のコンピュータを取り出し、その後圧力をかけ本体フレームを正常な状態に矯正していきます。
その後、フロントパネルを取り付けると、見事元の状態のiPhoneに復旧することができました。

iPhone 曲がり 博多

まとめ.シリコンケースが効果あり

今回のお客様のように、どうしてもiPhone落下時の衝撃が強いと本体ボディが湾曲してしまうことはあります。
予防策としては、落下時の衝撃を和らげてくれるようなシリコンケースでiPhoneを保護してあげることがおすすめです。
故障を未然に防ぐことで、お使いのiPhoneをできるだけ長く使用できるようになりますのでみなさまもお気をつけください。

その他iPhone修理カテゴリの最新記事