iPhoneの液晶画面が外れた!?その原因とは

iPhoneの液晶画面が外れた!?その原因とは

iPhone修理 福岡

液晶画面が突然外れてしまったiPhone。お客様ご来店後、iPhoneを分解してみると、原因が判明しました。

●突然画面ガラスが浮いてきたiPhone!分解修理で原因判明!

1.福岡市博多区博多駅東からご来店のお客様

当店は福岡市博多区住吉でiPhone修理店を営業していますが、お客様からのiPhone修理依頼の内容は様々。一番、修理内容で多いものを例に挙げると、iPhone前面の液晶画面ガラスの破損です。ちょっとした高さからの落下の衝撃で割れてしまうことも多いため、その破損した表面ガラスであるフロントパネルを交換することになります。ただこの液晶画面であるフロントパネル。「割れた」以外のお問合せにも「浮いてきた」というパターンもあります。今回博多区博多駅東からご来店いただいたお客様も、原因不明の液晶ガラスの浮きに悩まされ、当店へご相談に来られました。

2.特に落としたわけでもないのに…

お客様が悩まれていたのは、特にiPhoneを落としてしまったりしていないのに、突然画面ガラスが浮いてきてしまったことです。たしかにお客様のiPhoneは外観上にキズや破損が無く、とてもキレイな状態でした。保障期間も過ぎていたためメーカーにも相談したくても相談できない状態で、機種変更も検討されたそうですが、当店をネット検索で知られたため、修理で直るならと、機種変更前に念のためにご相談に来られたそうです。

iPhone バッテリー 膨張

3.原因は膨張したバッテリー

店頭にて受付後、お客様のiPhoneを分解してみると、iPhone内部で電池パックが膨張していました。それが内側から液晶画面をおしあげ、フロントパネルと本体ボディの間に隙間を作っていたのです。お客様に分解後のiPhoneをお見せすると、そういうことか!ととてもびっくりされていました。膨張したバッテリーを取外し、新品のバッテリーに取替え、画面ガラスを元通り取り付けると、出来ていた隙間も無くなり、無事元の状態のiPhoneに復活しました。お客様も原因が分かってよかったととても喜ばれていました。

まとめ.iPhoneが熱を持ちやすい充電は要注意

iPhoneのバッテリーが膨張してしまう原因は熱にあります。iPhoneで使用されているリチウムイオンバッテリーは熱に弱く、熱を持ちやすい環境での充電を日常的に繰り返すと、一年も経たないうちに膨張してしまうことがあります。お車での充電や、モバイルバッテリーなど自宅以外の充電は、iPhoneが熱を持ちやすい傾向にあるため、注意が必要です。その他、充電をしながらの通話やアプリ等の使用もできるだけ避けることで、iPhoneバッテリーの寿命を延ばすことが出来ます。とはいえiPhoneバッテリーは消耗品。平均寿命は1年から1年半と言われているため、充電の持ちが悪いと感じ始めたらお早目の交換をおすすめ致します。