電源が入らなくなってしまったiPhone!分解修理で原因判明!

電源が入らなくなってしまったiPhone!分解修理で原因判明!

iPhone修理 博多

原因不明の起動不可になってしまったiPhone。お客様は、原因を特定したかったため、当店での分解修理を希望されました。

1.福岡市中央区高砂からご来店のお客様

当店は福岡市博多区住吉でiPhone修理を行っています。画面ガラス割れ修理や、液晶タッチパネル不良修理、バッテリー交換、充電不良など、さまざまなiPhone故障のご依頼を頂いておりますが、その中でもお客様が直るかどうか心配されているのが電源が入らなくなってしまったiPhoneです。iPhoneの内部データは、iPhoneが起動している状態でなければバックアップを取ることはできません。そのため、機種変更や本体交換では、内部データは全て消えてしまうため、どうしても内部データを復旧させたいというお客様からのご依頼が多いです。

2.原因追求のためiPhone分解

今回ご来店されたお客様のiPhoneは、特に画面割れなどの破損はなく、お客様もなぜ電源が入らなくなってしまったのかわからない状態でした。はじめはお客様もアップルに相談されたそうですが、電源が入らなくなってしまったiPhoneは修理ではなく、本体交換しか対応できないと言われてしまい、データを残して壊れたiPhoneを修理できる当店を探し当てられたそうです。当店ではメーカーでの本体交換対応とは違い、壊れているパーツのみを交換するため、お客様ご来店後、受付させていただき、さっそくiPhoneを分解してみることに。

iPhone電源 入らない

3.本体クリーニングにて復活!

お客様のiPhoneを分解してみると、内部基板に腐食と呼ばれるサビが微量にできていました。iPhoneはおトイレに落としてしまったり、洗濯機で回してしまったりなどの水没以外でも、湿気やお風呂場で使用される方は、知らず知らずのうちに内部にサビができてしまうことがあるため、水周りでのiPhone使用は要注意です。基板にできてしまっていたサビを取り除いてあげることで、無事iPhoneを起動させることができました。

まとめ.電源が入らない原因は様々

今回ご来店されたお客様のiPhoneのように、分解してみることで初めてiPhone故障の原因がわかることは多々あります。iPhoneが壊れてしまったとき、諦めずに当店へご相談頂くことで機種変更や本体交換せずにお使いのiPhoneが復活する可能性がありますので、まずはお気軽にご相談ください^^

その他iPhone修理カテゴリの最新記事