水没浸水から時間が経ったiPhoneでも復旧修理可能?

水没浸水から時間が経ったiPhoneでも復旧修理可能?

iPhone水没修理

水没から日数が経ってしまったiPhone。お客様はどうしても内部データが諦めきれず、当店へご相談に来られました。

●水濡れから数ヶ月経過したiPhone!リアル修理レポート

1.福岡市博多駅前からご来店のお客様

iPhoneが水没してしまったとき、すぐに故障の症状が表れず、数時間の内は使用できてしまうことがあります。そのため、浸水直後は水濡れの影響は大したことなかったと、メーカーや修理店に相談せず、次の日にはiPhoneが起動不可になってしまうというケースは多くあります。今回ご来店されたお客様も、iPhone水濡れ後、そのまま使用を続け、数日後にはiPhoneが起動しなくなったため、そのときはしかたなく機種変更されたそうですが、数ヶ月経ち、水没したiPhoneから内部データの復旧ができないかと当店へご相談に来られました。

2.内部基板が無事かどうか点検

iPhoneを使用されているお客様の大切な電話帳や写真、SNSやゲーム等のアプリデータは全て、内部の基板と呼ばれる部分に記録されています。そのため、その部分さえ無事であれば、水濡れから数ヶ月経ったiPhoneでも復旧させることが可能です。水没したiPhoneが起動できない症状になってしまった時、まず本体の分解を行い、入念クリーニング後、起動していない原因がどのパーツにあるのか特定していきます。

iPhone分解修理

3.バッテリーの交換で復旧完了!

iPhoneが起動できていなかった原因はバッテリーにありました。水没浸水後の基本処置を行ったあと、バッテリーを新しいものに変えてあげると見事iPhoneの電源が入るようになりました。修理後の動作確認でも問題無く使用できるiPhoneに復活したため、お客様は機種変更される前に当店へ相談しておけば良かったととても喜ばれていました。iPhoneが水没した時、機種変更やメーカー本体交換の前に当店へご相談頂けると、内部データを残したままiPhoneを復活させることができます。

まとめ.ショートした部品の交換で復旧

今回ご来店されたお客様のiPhoneのように、一見直らなさそうなiPhoneでも、分解して壊れているパーツを交換してあげることで復旧可能なケースは多々あります。iPhone水没修理に関しては特に、分解してクリーニングをしてみなければ復旧可能かどうか判断が出来ないため、はじめから内部データ復旧を諦めて機種変更してしまうのはとてももったいないです。お使いのiPhone緊急事態の際は、まずは当店での分解診断をおすすめ致します。