iPhone水濡れ浸水!自力で乾かして直すは危険!?

iPhone水濡れ浸水!自力で乾かして直すは危険!?

iPhone水没 福岡

水没浸水の影響で、電源が入らなくなってしまったiPhone。お客様ご来店後、分解修理を行うことに。

●川に落としてしまったiPhone!早急分解修理で復活!

1.福岡市城南区荒江からご来店のお客様

夏場はiPhoneの水濡れ浸水修理のご依頼が増えます。水没修理のご依頼で多い状況はおトイレや洗面台に落としてしまうといったパターンですが、夏場はみなさまプールや海、川など、アウトドアに出かけることが多くなり、iPhoneが水没しやすい状況がどうしても増えてしまいます。今回城南区荒江からご来店されたお客様も、川に釣りに行かれたときに、誤ってiPhoneを落としてしまい、当店へご相談に来られました。

2.数時間後に電源が入らなくなってしまった

はじめはお客様は、ネットでの情報を色々と調べられ、乾燥剤をジップロック等に詰め、乾燥させて直す方法があることを知られ、ひとまず様子を見られることにされたそうです。しかし、徐々にiPhoneが熱を持つようになり、数時間後には電源が入らなくなってしまい、慌てて当店をネットで検索され、お問い合わせを頂きました。ジップロック等に乾燥剤を詰め、その中に水没したiPhoneも一緒に入れることは、応急処置としては正解ですが、バッテリーの充電残量が残っている状態では、症状は刻一刻と悪化していくため、はやめの分解修理がおすすめです。

3.バッテリー交換で復旧完了

お客様ご来店後、iPhoneを至急分解し、水没浸水時の基本処置作業を行いました。エタノール等で、iPhone部品の中で一番重要な基板を入念にクリーニングし、その後組み立て点検を行います。クリーニングのみでも復旧することは多くありますが、水没から時間が経ってしまうと、バッテリーや液晶画面などの電子部品の故障が進んでしまうこともあるため、修理料金をおさえるためにも、お早目の分解修理をおすすめ致します。

まとめ.早めの分解が復旧のカギ

今回ご来店されたお客様も、次の日まで様子を見ようか悩まれたそうですが、iPhoneが熱を持ったことに危機感を覚え、当日中のご来店を決断されたそうです。結果的にクリーニングとバッテリー交換のみでiPhoneを無事復旧されることが出来たため、至急のご来店が正解でした。ネット上には、iPhoneが水没したときのさまざまな対処の方法についての情報があふれていますが、いちばん復旧率を上げる方法は、すぐにiPhoneを分解してあげることなので、お使いのiPhone緊急事態の際は、ご近所のiPhone修理店へご相談ください^^