「まだ大丈夫」は危険?iPhoneバッテリー劣化のサインをお見逃しなく!

「まだ大丈夫」は危険?iPhoneバッテリー劣化のサインをお見逃しなく!

iPhoneバッテリー膨張

中央区平尾からご来店されたお客様のiPhoneは、バッテリーの膨張により、画面ガラスが浮き上がってしまいました。至急修理ご希望だったため、直接当店へご来店いただくことに。

●電池パックの寿命が来ても使い続けてしまったiPhone!リアル修理レポート

1.福岡市中央区平尾からご来店のお客様

iPhoneのバッテリーは消耗品のため、長年使い続けるといつかは寿命が来てしまいます。ただ画面ガラスが割れてしまったり、ボタンが壊れてしまったり、などの故障と違い、充電の持ちが悪くなってきても、モバイルバッテリーを使用したり、お車で充電したりなど、なんとかごまかしながら使用する方法があるため、電源が入らなくなるギリギリまで電池交換を先延ばしにされる方も多いです。今回中央区平尾からご来店されたお客様は、使用されているiPhoneの充電の減りが早いと感じてはいたものの、その他に故障がなかったため修理を後回しにしていたところ、iPhoneに違和感を感じ始めたため、当店へご相談に来られました。

2.iPhoneバッテリーの膨張により…

お客様ご来店後、iPhoneの診断をしたところ、液晶画面と本体ボディの間に隙間が出来ていました。お客様は特にiPhoneを落下させたご記憶もなかったそうなので、ネットで色々と調べてみたところ、バッテリーが膨張しているのではないかと思い、即日iPhone修理のできる当店へご相談に来られたとのことです。受付後、iPhoneを分解してみると、バッテリーが風船のように膨らみ、フロントパネルを内部から押し上げている状態でした。

3.バッテリーの交換により見事復活!

膨れてしまったバッテリーを本体から取り外し、新しいバッテリーを取り付けた後、iPhoneを入念点検。今回ご来店されたお客様は日常的にお車での充電もされていたそうなので、本体内部基板に異常がある可能性もあったため、通常修理よりも少しお時間を頂いての点検をさせて頂くことに。お車でのiPhone充電はご自宅等のコンセントからの充電よりもiPhoneが熱を持ちやすくなるため、電池パック膨張を早める原因となります。その他内部基板の故障の原因にもなりますので、できるだけご自宅での充電をおすすめ致します。

まとめ.お早目の交換をおすすめ致します

今回ご来店されたお客様は、iPhoneに違和感を感じてからお早目のご来店をされたために、内部からのバッテリー膨張による液晶破損を避けることができました。故障した部品が新たなiPhone故障を引き起こしてしまうiPhone故障の二次災害は今回のパターン以外にも少なくありませんので、お使いのiPhoneでお困りの際は、当店へのお早目のご相談をおすすめ致します^^

その他iPhone修理カテゴリの最新記事