iPhoneの充電ケーブルを差しても反応が無い!原因と対処方法とは?

iPhoneの充電ケーブルを差しても反応が無い!原因と対処方法とは?

iPhone充電不可

充電器に差しても、起動ができなくなってしまったiPhone。充電器を交換しても、改善がみられなかったため、当店へ直接ご来店されることになりました。

●まったく充電が出来なくなってしまったiPhone!リアル修理レポート

1.福岡市下月隈からご来店のお客様

お使いのiPhoneが突然充電出来なくなってしまった!iPhoneをお使いでご経験のある方でしたらその怖さはご存知のはず。充電反応が無いiPhoneはPCにも接続できないため、データのバックアップも取れない状態です。その状態ではメーカーでの本体交換に頼ろうにも内部データが全て消えてしまう状態のため、どうすることもできず途方に暮れてしまった方からのお問い合わせも当店には数多くあります。今回福岡市下月隈からご来店のお客様も、はじめは充電できたり出来なかったりで、充電器の差す角度を少し変えてあげれば充電できていたため、修理を後回しにされていたそうですが、昨日まったく充電できなくなり、iPhoneの起動自体難しくなってしまったため、当店へご相談に来られました。

2.充電ケーブルの交換やクリーニングで直ることも

充電ができない、という症状の故障はお客様からのヒアリングがいちばん大切なものとなります。それが徐々になのか、ある日突然なのか、何かきっかけがあったのか、などなど。ある日突然、といった場合、充電ケーブルやアダプタの不良も考えられます。その二つを交換しても症状の改善が無い場合は、iPhoneの充電器の差込口であるライトニング(ドック)コネクタの清掃を行うことで症状が改善することがあります。乾いた歯ブラシや爪楊枝でやさしくほこり等のゴミをかきだしてあげることが効果的です。

3.差込口の交換修理で復旧!

充電器の差込口を清掃しても症状の改善が無い場合は部品を交換してあげることで直ります。メーカーの本体交換とは違い、壊れているパーツのみを交換するため、修理後にお客様のデータがそのままの状態で残る点が当店のiPhone修理のメリットです。今回のお客様も内部データを残すことが一番優先度が高かったため、色々とネットで検索されて当店の存在を知られたそうです。修理時間も30分程度で完了したため、まさかこんな短時間でiPhone修理が終わると思っていなかったとお客様大満足の修理となりました。

まとめ.お電話でも診断可能です

当店は博多区の住吉で営業していますが、県外からのお客様からのご来店も多数頂いております。大体の故障修理が1時間で終わるため、メーカー修理に出す時間の無い方や、どうしても内部データを残したままiPhone修理されたい方からのご依頼が多いです。お使いのiPhoneが壊れてしまい修理したいけどどうしたら良いのかわからないといった方はまずは一度ご近所のiPhone修理店へご相談ください。お電話で故障状況をお伝えいただけば専門のスタッフが適切なアドバイスをさせて頂くことも可能ですので、お困りの方はお気軽にお問い合わせください^^