iPhoneが起動しない!故障原因を徹底追及!

iPhone修理 福岡

iPhoneの電源が入らなくなってしまうと、データのバックアップを取ることも困難になってしまいます。当店では、そんな重度の故障のiPhoneでも、分解修理を行うことが可能です。

●突然電源が入らなくなってしまったiPhone!リアル修理レポート

1.突然電源が入らなくなってしまったiPhone!リアル修理レポート

当店のiPhone修理は画面ガラスの破損や液晶タッチパネル不良、バッテリー交換修理、ボタン類の不具合、充電不良など、だいたいのiPhone故障に対応していますが、お客様が特に心配されてご来店される症状の故障が電源が入らなくなってしまったiPhoneです。iPhoneの内部データはiPhoneが起動している状態でなければバックアップを取ることができないため、機種変更やメーカーでの本体交換を利用したくても出来ずに当店へご相談されるお客様が多いです。今回博多区中洲からご来店されたお客様も、二年以上使用されていたiPhoneだったので、機種変更も考えられていたのですが、使用されていたiPhoneが電源が入らなくなってしまったため当店へご相談に来られました。

2.強制再起動で改善することも

iPhoneの電源が入らなくなってしまった時にまず試されてほしいのが電源ボタンとホームボタン(iPhone7/7Plusからは電源ボタンと音量ダウンボタン)の長押しです。これによって一時的な不具合が原因であれば症状が回復することもありますので、まずはこちらを行います。それでも改善ない場合はiPhoneの機械的な故障か、もしくはシステムの不具合が考えられます。システムの不具合の不具合であればPCにてアップデートもしくはシステムの復元にて復旧することもありますが、システムの復元を行ってしまうと内部データは全て消えてしまうため、もし先にPCでの改善作業を行うのであればアップデートのみにされていた方が無難です。

3.分解修理で原因を特定

今回ご来店されたお客様は、PCでの作業を行う前に、先に当店にご相談されたので、まずは店頭にて症状のほうを確認させて頂きました。水濡れ等のご記憶は無いとのことでしたので、分解前に多少の充電を行い、念のためiPhoneの方にお電話をかけてみるとコール音が鳴りましたので、電源は入っていることは確認できました。電源が入っているということがわかったので、症状的には表示不良の可能性が高まったため、iPhoneの液晶画面であるフロントパネルを交換してみると、見事iPhoneの画面表示が復活しました。

まとめ.お気軽にご相談ください

今回の原因としては落下等の衝撃により液晶画面の表示ケーブルが痛んでしまったため、まったく液晶表示が出来ず、まっくらな状態になってしまったというものでした。そのため、先にPCにてご自身で復元をためしていたら内部データもすべて消えてしまう可能性もあったため、先に当店へご来店されて良かったとお客様も一安心されていました。当店はお客様からの故障状況についてのヒアリングをもとに、壊れたiPhoneの壊れた部品のみを交換して修理を行うため、内部データを残したままお客様に修理後iPhoneをお渡しすることができますので、お使いのiPhoneでお困りのことがあればまずは近くのiPhone修理店にご相談ください^^

その他iPhone修理カテゴリの最新記事