水没したiPhone!そのまま使うのはとても危険

水没したiPhone!そのまま使うのはとても危険

iPhone修理 福岡
水没浸水してしまったiPhoneの、復旧までの詳細を記載したレポート記事です。iPhone水濡れ時の注意点も合わせて記載しています。

●浸水したiPhone!復旧までのリアルレポート

1.福岡市城南区東油山からご来店のお客様

当店はiPhoneの画面ガラス割れ・液晶タッチパネル不良修理はもちろん、ボタン類の不具合や充電不良、さまざまなiPhone故障修理に対応していますが、その中でもお客様からのお問い合わせの多いものが水没修理です。iPhoneの水濡れ故障はデータのバックアップが取れない状態になることが多く、Appleでのメーカー本体交換では内部データもすべて消えてしまうため、中の写真や電話帳、ゲームやSNSのアプリ等のデータを残したままiPhoneを修理されたいお客様からのお問い合わせが当店には多くなっています。今回城南区東油山からご来店されたお客様も数日前にiPhoneが浸水してしまい、当店へご相談されました。

2.水濡れの影響は時間差で発生

今回ご来店されたお客様はおトイレにiPhoneを落としてしまい、数時間のうちはしばらく通常通りiPhoneが使用できたため、大丈夫と思いお電話をかけたり充電したりされていたそうですが、寝る前に充電器に差した状態で朝起きられたところ、まったくiPhoneが起動しない状態になってしまったそうです。そのためデータのバックアップも取れず、どうしても中のデータを残して修理されたいとのご希望でご来店されました。

iPhone水没 修理

3.部品交換で見事復旧!

お客様の水濡れしてしまったiPhoneにお電話がかかってくると着信音は鳴る状態でした。そのため、起動自体はしているのですが、水没後iPhoneを使用してしまったために、症状が悪化し、液晶表示不良になってしまったようです。まずはiPhoneを分解し、水没浸水時の基本処置(内部基板クリーニング)を行い、そのうえでiPhoneをまず組み立てます。その時点では表示不良は改善されませんでしたが、その後液晶フロントパネルを交換してあげると見事iPhoneの液晶表示が復活しました。

まとめ.とにかくお早目の処置をおすすめします

今回水没してから数日経っていても結果的にiPhoneの復旧はできましたが、浸水後すぐに分解クリーニングしてあげることで、iPhoneの復旧率は高まり、なおかつ部品交換の必要も無く、iPhoneが復旧する可能性も高まります。iPhoneが水濡れした後、普通に使えてしまうと、「もしかしたら大丈夫かも…」と修理を見送りがちになってしまいますが、その後のリスクを考えるとお早目の分解クリーニングが吉なので、まずは近くのiPhone修理店にご相談ください^^

その他iPhone修理カテゴリの最新記事