電源が入らないiPhone!起動不可でも修理可能!

電源が入らないiPhone!起動不可でも修理可能!

iPhone修理 福岡

iPhoneの電源が突然入らなくなり、緊急事態のお客様。分解から、復旧までの詳細を記載した修理記事です。

●起動ができないiPhone!原因を突き止めて復旧修理!

1.福岡県久留米市城島町からお越しのお客様

当店ではiPhoneの画面ガラス割れ・液晶タッチパネル不良修理や、カメラ撮影不可の修理や、ホームボタンやスリープボタン、電源ボタンなどのボタン類の不具合修理など、だいたいのiPhone故障修理に対応していますが、中でもお客様が不安でご来店されるのがまったく起動しなくなったiPhoneの修理です。iPhoneの内部データ(お客様の撮影された写真、電話帳やゲームやSNSのアプリ等)は、iPhoneが起動しないとバックアップを取ることができません。今回久留米市城島町からご来店されたお客様も中身のデータを残したまま修理されたいとのことで当店へご来店されました。

2.まずは原因の追究から

まったく起動しなくなったiPhoneも原因はさまざま。バッテリーの劣化が原因で充電できなくなってしまう症状や、実は起動はしているけれど液晶パネルに問題があり、画面表示が真っ暗になってしまう症状など。今回のお客様にも事前に故障発生時の状況をお聞きしたところ、起動ができなくなる前に充電の接触が悪く、充電器を差しても充電ができたりできなかったりといった症状があったそうです。そのため今回は充電器の差込口であるドック(ライトニング)コネクターを交換することになりました。

iPhone起動不可 修理

3.部品交換で見事iPhone復旧完了!

部品を交換してあげると画面に電池マークでるようになり、しばらく充電してあげると見事iPhoneが起動するようになりました。このようにお客様の申告をもとに部品を交換していくので、お客様からの故障状況のヒアリングがiPhoneを修理するうえでとても重要なカギとなります。部品を交換したあとiPhoneを入念に点検し、そのままお客様に修理後iPhoneをお渡しすることができました。念のため修理後店頭にてiCloudへデータのバックアップを行い、さらに安心してお客様にiPhoneをお渡しできました。

まとめ.データを残して修理可能です

通常iPhoneが故障した場合にメーカーでの本体交換になると内部データはすべて消えてしまいます。当店でのiPhone修理は内部データそのままで、修理時間がほとんどのものが1時間以内に終わり、メーカー本体交換よりもお得に修理できますので、お使いのiPhoneが壊れてしまったときは、一度近くのiPhone修理店にご相談ください^^

その他iPhone修理カテゴリの最新記事