液晶画面破損により、タッチパネル操作不可の iPhone

液晶画面破損により、タッチパネル操作不可の iPhone

18041903-dhispray-iPhone-repair-ilive-hakata.jpg

液晶画面ガラスが破損してしまったiPhone。タッチ操作もできないため、データのバックアップも取れない状態になてしまいました。復旧までの修理レポートです。

福岡市博多区博多駅東からご来店のお客様

コンクリートにiPhoneを落下させてしまったお客様。

画面ガラスが激しく割れ、タッチパネル操作もできない状態に。

メーカー(Apple)に相談したところ、重度の故障と診断され、修理ではなく、本体交換になると言われてしまったとのこと。

なんとか修理で改善できないかと、当店へご相談に来られました。

部品交換により修理可能

お客さまご来店後、iPhone内部を確認。

破損箇所は、液晶画面のみだったため、バキバキのフロントパネルを取り外し、新しいものと交換します。

当店のiPhone修理は、iPhoneの壊れたパーツのみを交換して修理するため、メーカーでは本体交換と診断されたiPhoneでも、修理可能なケースもあります。

今回のお客様のiPhoneも、メーカーでは修理不能と判断されましたが、実際には、フロントパネルを交換することで、復旧が可能でした。

タッチ操作も問題なくできるようになり、データのバックアップも取れる状態になりました。

シリコンケース等がおすすめです

iPhoneは衝撃に弱く、ちょっとした高さから落下しただけで、画面ガラスが破損してしまいます。

iPhoneを落下等の衝撃から守るためには、シリコンケース等の衝撃を和らげてくれる、柔らかいケースがおすすめです。

当店では、iPhone修理以外でも、強化ガラスフィルムや、ケース等のアクセサリーも販売していますので、お気軽に立ち寄られてみてください。

iPhone画面液晶修理カテゴリの最新記事