休業のお知らせ

落下の衝撃でタッチパネルが操作できなくなったiPhone

落下の衝撃でタッチパネルが操作できなくなったiPhone

18032203-customer-iPhone-repair-ilive-hakata

地面に落下し、タッチ操作がまったくできなくなってしまったiPhone。内部データを残したまま、復旧が成功したiPhoneの修理レポートです。

●福岡市博多区博多駅南からご来店のお客さま

iPhoneの画面ガラスは、ちょっとした衝撃で簡単に割れてしまいます。

何度もiPhoneの画面を割った経験のある方は、割れることに慣れてしまい、割れたまま使っている方も少なくありません。

ただ、画面が割れてしまっている状態で、もう一度衝撃が加わってしまうと、タッチパネル操作ができなくなってしまうことも…。

今回、博多区博多駅南からご来店されたお客さまのiPhoneも、そんなタッチ操作不能の状態になってしまいました。

1,二回目の落下の衝撃により…

もともとiPhoneの画面ガラスに少しヒビが入っていたそうですが、先日激しくiPhoneを地面に落下させてしまい、慌ててiPhoneを拾い上げると、液晶表示がおかしくなっていたそうです。

慌てて、PCでデータのバックアップを取ろうとしたそうですが、タッチ操作がまったくできないため、PCへの接続認証ができなかったとのこと。

機種変更も考えられたそうですが、どうしても、中の写真を消したくないため、修理で直すことを決められたそうです。

2,フロントパネルの交換により操作可能に

お客さまご来店後、さっそくiPhoneの割れてしまった画面ガラスを取り外します。

iPhone内部に異常が無いかどうかを確認し、新しいフロントパネルを取り付けます。

その後、電源を入れてみると、無事iPhoneのタッチパネル操作が復活しました。

18030401-display-iPhone-repair-ilive-hakata

3,電源は切った方が良い

今回のお客さまのiPhoneのように、iPhoneのタッチパネルが故障してしまい、誤操作を起こすような症状が起きてしまったときは、強制終了などで、電源を落とすことをおすすめ致します。

タッチ誤操作を起こしているiPhoneは、画面ロックのパスコードを勝手にタップしてしまうこともあるため、間違った暗証番号を入力し続けると、それが原因で内部データが消えてしまうこともあるのです。

お使いのiPhoneが壊れてしまったとき、誰でも慌ててしまいますが、一度落ち着いて、対処方法を探すことで、iPhone故障の二次災害を防ぐことができます。