休業のお知らせ

メーカーでは全損のiPhone!本当に修理は不可能?

メーカーでは全損のiPhone!本当に修理は不可能?

apple-iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata

メーカーでは修理不可能と判断されてしまうiPhone故障についての一例です。実際には、故障部品さえ交換してあげることで、内部データを残して修理が可能です。

●Appleでは修理不可能の判断に

iPhoneが破損や故障してしまったとき、メーカーでも修理は可能ですが、重度の破損となると修理不可と判断され、修理ではなく、本体交換になってしまうケースもあります。

当店へのiPhone修理のご依頼の中にも、メーカーにお見積もりを出されたところ、修理は難しいと言われてしまい、本体交換を勧められてしまったそうです。

お客様は、iPhoneの写真や電話帳など、内部データを消したくなかったため、メーカーにiPhone修理依頼を出したくても、出せない状況になってしまったそうです。

02iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata160612

1,液晶画面破損により操作不能の状態

メーカーで本体交換となってしまう、iPhone故障の一例は、液晶表示不良やタッチパネル不良です。

実際は、液晶画面であるフロントパネルを交換してあげることで、修理可能な場合も多いです。

メーカーでは、修理後のリスクを考え、重度破損のものはすべて本体交換となってしまうようです。

2,フロントパネルを交換すると修理可能

先日も、iPhoneの液晶ガラス面が激しく割れてしまい、タッチパネル操作ができず、バックアップの取れないお客様が、当店へご来店されました。

受付していただいた後、iPhoneが実際に修理可能かどうか確かめるため、フロントパネルをまずは交換してみました。

すると、故障部品交換後、タッチパネル操作が可能になったため、そのまま修理を行い、点検後、iPhoneに異常がないことを確認し、お客様にiPhoneをお渡しすることができました。

iPhone修理 博多

3,実際は修理可能でも

今回の一例のように、実際は修理可能なiPhoneでも、メーカーでは修理を断られてしまうケースがあります。

液晶表示不良やタッチパネル不良の他に、充電ができない症状なども、本体交換となってしまったご相談もありました。

当店では、壊れたiPhoneの壊れたパーツのみを交換して修理を行うため、内部データを残してiPhoneを修理することが可能です。