iPhoneの画面ガラスが破損してしまい液晶表示に黒いシミ

iPhoneの画面ガラスが破損してしまい液晶表示に黒いシミ

iPhone シミ

液晶破損により、黒いシミが画面に出来てしまったiPhone。フロントパネル交換による、修理レポートです。

液晶内部が壊れてしまいタッチパネル操作不能のiPhone修理!

iPhoneの画面ガラスはちょっとした落下等の衝撃で簡単に割れてしまいます。
ガラスが割れてしまってもタッチパネル操作ができていれば内部データのバックアップを取ることは可能です。
今回福岡市博多区那珂からご来店頂いたお客様のiPhoneはガラス面の破損によりタッチパネル操作自体ができなくなってしまいました。

iPhoneの液晶表示に墨汁のようなシミが…

お客様ご来店後、破損したiPhoneを確認してみると、画面ガラスが割れてしまった上に、液晶表示に黒いシミのようなものができていました。
iPhoneのガラス面の裏にはタッチパネル部品が搭載されています。
落下等の衝撃が強く、そのガラス面奥の液晶タッチパネル自体も破損してしまうと、液晶表示やタッチパネル操作ができなくなってしまいます。

iPhone 画面 交換

フロントパネルの交換で復旧!

そんな重度のiPhone破損でも、故障部品を交換してあげることで復旧が可能です。
壊れたiPhoneの内部データを守りたい場合、本体交換ではなく、故障部品を交換する修理を行うしか方法はありません。
当店では、お客様の内部データ復旧を第一優先にiPhone修理を行っているため、データを消さずに壊れたiPhoneを修理されたい方は当店のiPhone修理サービスを受けられることをおすすめします。

二回目の衝撃に要注意

今回ご来店されたお客様は、はじめiPhoneのガラスパネルが割れてしまった状態でしばらく使用されていたそうです。
その状態で、うっかり再度iPhoneを落としてしまったときに、液晶パネル自体も破損してしまいました。
iPhoneの画面ガラスが割れてしまい、そのままの状態で使用されている方も多いですが、大事な時にiPhoneが操作できない!といったことにならないようお早目の修理が吉です。

iPhone画面液晶修理カテゴリの最新記事