画面ガラスが割れていないのにタッチパネル操作ができないiPhone!修理は可能?

画面ガラスが割れていないのにタッチパネル操作ができないiPhone!修理は可能?

タッチパネル操作ができなくなってしまったiPhone。ガラスは割れていなかったため、分解点検により原因を追求しました。

福岡市博多区竹下からご来店のお客様

iPhoneの画面ガラスが落下等の衝撃で割れてしまい、その衝撃が大きく、ガラス面内部の液晶パネルまで破損が進んでしまった場合、液晶表示ができなくなってしまったり、タッチパネル操作自体も不可能になってしまう場合があります。そんな落下が原因でiPhone画面ガラスが割れてしまった場合は、原因もはっきりしているため、お客様ご自身も納得され、iPhone修理に来られますが、そんな原因がはっきりしているiPhone故障とは逆に、原因がまったくわからないiPhone故障があるのも事実です。今回福岡市博多区竹下からご来店されたお客様のiPhoneも原因不明のタッチパネル操作不可能の症状でご来店されました。

液晶ガラスに破損がないため直るかどうか不安…

お客様のiPhoneを受付後確認すると、とくに表面のガラス面に破損は見受けられなく、お客様ご自身もタッチパネルが効かなくなったタイミングで落とした覚えがないとのことで、修理が可能かどうなのかをまず心配されていました。心当たりはないけれど、気付かないうちに水濡れしている可能性も考えられたそうなので、まずは分解して内部を見てほしいとのことで、まずは分解して、直るかどうかの診断を先にさせて頂くことに。

iPhone画面 浮き

原因はガラスパネルの浮き

iPhone分解後、新しいフロントパネルをお客様のiPhoneに装着してみると、タッチパネル操作ができるようになりました。念のため、元々お客様のiPhoneに取り付けされていたフロントパネルを、当店のiPhoneデモ機に装着してみると、タッチパネル操作ができず。この原因の切り分けで、故障原因がお客様のフロントパネルにあることがわかりました。故障の原因としてはフロントパネルのガラス面とプラスチックフレームが接着不良を起こし、微妙にはがれてしまったせいで、タッチパネルケーブルに負荷がかかり、操作ができなくなってしまったというものでした。

まとめ.無料分解診断で修理可能かどうか判断

今回のお客様のように、直るかどうかわからない故障のため、iPhone修理依頼をしたくてもなかなか二の足を踏んでいる方も多いと思います。当店では、まず壊れたiPhoneが修理可能かどうかを判断する無料分解診断を実施中ですので、直らない場合に作業工賃が発生することはありません。お使いのiPhoneでお困りの方はまず、当店での分解診断を受けられることをおすすめ致します。

iPhone画面液晶修理カテゴリの最新記事