画面ガラスが割れたiPhoneをそのまま使うのが危険な理由

画面ガラスが割れたiPhoneをそのまま使うのが危険な理由

iPhone画面割れ修理

液晶タッチパネル破損により操作不能iPhone!画面が割れてしまった場合、お早めの修理を行うことが吉です。

福岡市中央区赤坂からご来店のお客様

iPhoneの画面ガラスは非常に割れやすく、お客様からのiPhone修理ご依頼内容の半分以上は、表面のガラス破損修理です。ちょっとした高さから落としただけですぐ割れてしまうため、画面が割れてしまったままの状態でiPhoneを使用されている方も多くいらっしゃいますが、ガラス面が割れてしまったそのままの状態でiPhoneを使用してしまうリスクも当然あります。福岡市中央区赤坂からご来店のお客様も、iPhone前面のガラスが割れたあとも、しばらくiPhoneを使用されていたそうですが、今回iPhoneのタッチパネル操作がまったくできない状態になってしまったため、当店へ緊急修理でご来店されました。

フロントガラス破損後、液晶パネル不良

iPhoneの画面ガラスの奥には、液晶タッチパネル部品が搭載されています。その部品が不良を起こしてしまうと、液晶表示が乱れてしまったり、タッチパネル操作がまったく出来なくなってしまいます。本来iPhoneの画面ガラスがその部分を保護する役割も果たしているのですが、そのガラス部分が破損してしまうと、液晶タッチパネル部品に衝撃が伝わりやすい状態になってしまうため、ちょっとした衝撃でiPhoneが操作不能の状態になってしまうのです。

iPhone修理 博多

液晶タッチパネル交換により復旧

iPhoneのタッチパネル操作が出来ないと、データのバックアップも取得できない状態になってしまうため、はじめは機種変更を考えられていたお客様も、何とか壊れたiPhoneをデータそのままで修理したいと当店の存在をネットで検索され知られたそうです。故障したiPhoneは基本的に内部基板さえ無事であれば、どんな故障でも修理可能なため、メーカーで本体交換と言われてしまったり、キャリアで機種変更を勧められてしまったiPhoneでも、実は修理可能なiPhoneも多くあるため、お使いのiPhoneが壊れてしまったときは、まず当店へのご相談をおすすめ致します。

まとめ.タッチパネル誤作動に要注意

今回のお客様のiPhoneのように、当店に持ち込まれた状態で内部データが無事であれば壊れているパーツを交換してあげることでiPhoneを復旧することはできます。ただし、液晶パネルが破損したことにより、タッチパネル誤作動が起き、待ち受け画面へのパスロックを何回も間違えることで、内部データが全て消えてしまうというケースもあります。その場合、iPhone自体の修理は可能でも、データの初期化が必要になってしまうパターンもありますので、お使いのiPhoneが深刻な故障を起こした場合は、電源を切り、修理店へ即座に持ち込むことが理想的です。

iPhone画面液晶修理カテゴリの最新記事