充電ができなくなったiPhone。その原因とは?

充電ができなくなったiPhone。その原因とは?

180302-connector-iPhone-repair-ilive-hakata

充電器に差しても反応がなくなってしまったiPhone。充電ができないため電源も入らない状態に。復旧までの修理レポートです。

福岡市博多区美野島からご来店のお客様

博多区美野島にお住いのお客様から、お使いのiPhoneが充電できなくなってしまったとご相談を頂きました。

問い合わせ時に故障の状況をお聞きすると、数日前からiPhoneを充電器に差したとき、「このアクセサリーは使用できません」という表示が、出るようになり、最終的には充電ができなくなってしまったそうです。

修理可能かどうかも含めて、一度直接ご来店いただくことに。

充電器の差込口のクリーニングで改善

お客様ご来店後、iPhoneの状態を確認すると、充電器が差込口の根元まで差さらない状態でした。

充電器の差込口であるライトニングコネクターは、ゴミやホコリが溜まってしまうと、それが原因で充電できなくなるケースがあります。

今回、お客様受付後、一度iPhoneを分解する前に、専用の工具で、ライトニングコネクターを清掃してみることに。

溜まっていたゴミをかき出し、再度充電してみると、無事iPhoneが元どおり充電できるようになりました。

早めの処置が大切

今回のお客様のiPhoneのように、部品が壊れる前であれば、クリーニングのみで復旧するケースもあります。

ただ、処置が遅れてしまうと、クリーニングでは復旧せず、部品交換が必要になってしまうこともあります。

お使いのiPhoneに、違和感を感じたときは、お早めのご相談をおすすめ致します。

 

iPhoneバッテリー充電系トラブルカテゴリの最新記事