起動不可の iPhone!バッテリー交換修理

起動不可の iPhone!バッテリー交換修理

電源が入らなくなり、起動ができなくなってしまったiPhone。復旧までの修理レポートです。

福岡市博多区美野島からご来店のお客様

博多区美野島にお住いのお客様。

お使いのiPhoneの電源が入らなくなってしまったと、ご相談に来られました。

特に落下させたり、水に濡らしたわけでもなく、普通に使用していて、急に充電できなくなってしまったとのこと。

修理で原因がわかればと、直接当店へご来店いただきました。

起動できない原因はバッテリーの劣化

お客様ご来店後、iPhoneを分解して、内部を診断します。

お客様のご申告通り、特に水に濡れた形跡や破損等もなかったため、バッテリーを交換してみることに。

新品のバッテリーを取り付け、電源を入れてみると、無事アップルマークが点灯しました。

iPhone使用から2年を過ぎていたため、原因としては、バッテリーの劣化の可能性がありました。

劣化したバッテリーは、電源が入らなくなったり、充電できなくなったりするため、要注意です。

早めの交換をおすすめします

iPhoneバッテリーが劣化すると、電源が入らなくなるだけでなく、膨張してしまい、液晶画面破損を起こしてしまうこともあります。

充電のパーセンテージ表示がおかしくなったり、充電の持ちが悪くなったりすると、バッテリー交換時期のサインです。

当店では、バッテリーの無料診断実施中です。

お使いのiPhoneの調子が悪くなった時は、お気軽に当店までご相談ください。

 

 

iPhoneバッテリー充電系トラブルカテゴリの最新記事